ミュージカル「アニー」が2019年4月27日(土)から上演決定! 岡菜々子&山﨑玲奈が意気込みを語る

2019年4月27日(土)から東京・新国立劇場 中劇場にて、8月からは、大阪・松本・仙台・広島・名古屋にて丸美屋食品ミュージカル『アニー』が上演されることが決定。12月11日に制作発表会見が都内で行われた。

本作は、1924年からアメリカで新聞連載がスタートした漫画「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さい孤児アニー)」をもとに、1977年にブロードウェイのアルヴィン劇場(現ニール・サイモン劇場)で誕生したミュージカルです。同年のトニー賞において、作品賞をはじめ7部門を受賞し、現在も世界各国で上演され続けています。日本公演は、日本テレビ主催で1986年にスタートした初演から上演を続け、全国で約176万人を超えるお客様にご覧いただき、今回で34年目を迎えます。

2017年に『ジキル&ハイド』『ローマの休日』『ラ・カージュ・オ・フォール』『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』などミュージカルやストレートプレイとジャンルを超えて幅広く活躍する山田和也を演出に迎え、大幅なリニューアルを行って3年目となりますが、今年も個性と実力を兼ね備えた2人のアニー・岡菜々子(おかななこ)&山﨑玲奈(やまさきれな)が誕生いたしました。合わせてオーディションで選ばれた12名の孤児役、12名のダンスキッズ役も生き生きとした魅力にあふれています。

そして、この度初お披露目となります大人キャストには、2017年公演より3年連続出演となるウォーバックス役の藤本隆宏に加えて、ハニガン役には『NEWヒロイン~女たちよタフであれ!~』以来7年振りの舞台出演となる早見優、グレース役には元宝塚娘役トップの蒼乃夕妃、リリー役には2006年にアニー役に抜擢された服部杏奈らを迎え、人気と実力を備えたメンバーが新たに加わります。

アニー役の岡菜々子 (おか ななこ)さんは「アニー役に受かった時は、もう嘘みたいで、今まで練習して来てよかったと思いました.今回は、アニー役にどうしてもなりたかったので、アニーに絞って応募しました。明るくて元気で、暗い道にも明かりを照らすようなアニーを演じたいと思います。アニーに合格してからは、学校でのあだ名が“アニー”になりました。一番好きな楽曲は「トゥモロー」です。音楽が流れると、思わず歌いだしてしまいます。」

同じくアニー役の山﨑玲奈(やまさき れな)さんは「1回目にオーディションを受けたときは、ダンス審査で落ちたので、これまでダンスの練習を頑張ってきました。みんなに元気を与えられるようなアニーになりたいです。稽古は、犬とふれあった事がないので、サンディとの稽古が楽しみです。サンディに認められるように頑張ります。一番好きな楽曲は、アニーとウォーバックスさんが歌う「2人でいればいい」です。本当に笑顔になります。」とそれぞれコメント。

この日は大人キャストも会見に出席。

ハニガン役の早見優さんは「小さい頃、ハワイで「アニー」の映画を観て、2007年に丸美屋食品ミュージカルを娘2人と3人で観ました。娘も私も「アニー」が大好きで! 私は今まで「オズの魔法使い」であればドロシー役を、「レ・ミゼラブル」であればコゼット役と、かわいらしい役ばかりやってきましたので、意地悪な役どころというのは今回が初めてです! 今回、「アニー」からオファーがと聞いて、アニー役かしら!?と思った…というのは冗談ですが、「アニー」で言うと、いつもグレース役的な役を頂くことが多かったので。娘達は今、15歳と17歳なので、すっかり口が達者なのですが、私がハニガン役を演じると聞いて、「いつも爽やかな“早見優”がねぇ(笑)。いつものママの地を出せばいいんじゃないの」と言われました(笑) 実は先日、足の指を骨折をしてしまいました。加湿器が倒れそうになったのを止めようとしたら、自分が倒れてしまって(苦笑) でも、海外では、ステージにあがる前などに「Break a leg!」と声をかけるんです。それは足を折るくらいの勢いで頑張って!という意味なのですが、今回骨折して、幸先よいのではないかと思います(笑)」

グレース役の蒼乃夕妃さんは「このロングランのミュージカルに初めて参加できることがとても光栄です。今回演じさせていただくグレースという役は、これまで宝塚OGの方や事務所の先輩も演じてきた役です。そのことを大切に、そして自分らしく演じられたらと思っています。また、子供たちと一緒に舞台に立つのはこれが初めてです。普段のアニーの二人は、素直でかわいらしく、年相応な様子ですが、きっと舞台に立つと、プロの女優さんに変わるのだろうなと。どう変貌していくのか、今から楽しみです。」

リリー役の服部杏奈さんは「今から13年前、トゥモロー組アニーを演じさせて頂きました。まさか「アニー」にリリー役として戻って来ることができるとは夢にも思っていなかったので、本当に嬉しいです!衣装を身につけた今でも夢じゃないかと思っているくらいです(笑) 自分がアニーを演じた時は、6年オーディションを受け続けて、やっと受かり、稽古では、必死に大人たちに食らいついていたキラキラした毎日でした。今回は悪巧みされる側から、する側へということで、とても楽しみです。」とそれぞれコメントした。

また、服部杏奈さんは「私がアニーを演じた時は、演出家がジョエル・ビショッフという方で、山田さんの演出とはまた全然違いました。新演出版も拝見しましたが、でも、一貫してアニーの力強さは変わりません。二人には自由に!楽しく!演じてもらえればと思います!」とアニー役の2人にアドバイスしていた。

Annie2019©NTV Annie2019©NTV

Annie2019©NTV

タイトルとURLをコピーしました