仮面女子 不動のセンター 立花あんながついに卒業! 未来のセンターにエール!

スポンサーリンク

11月25日、地下最強アイドルユニット 仮面女子、そしてアリス十番の不動のセンター 立花あんなさんが卒業した。

仮面女子、そしてアリス十番のセンターと言えば2013年1月1日から約6年もの間、立花あんなさんだっただけに感慨深いものだった。

秋葉原の仮面女子カフェに行けば、ほぼ毎日のように立花あんなさんがセンターの仮面女子やアリス十番を見ることができただけに、立花あんなさんが抜けた仮面女子、そしてアリス十番はどうなって行くのか想像が付かないくらいだ。

2018年から2019年にかけての年末年始のカウントダウンライブでは、“ポニーテール”を卒業することを発表し、一瞬ファンをびっくりさせたが、今回は本当に卒業。

ラストライブでは、終始笑顔の立花あんなさんを見ることができ、ライブの楽しさを最大限に感じさせるライブとなった。

立花あんなさんのラストコメントは、またいずれの機会で・・・。

気になるのは、その仮面女子・アリス十番の次のセンターは一体誰になるのかだ。

2012年まではピンク色の衣装の藤崎麻美さんがセンターだった。

2013年からは赤色の衣装の立花あんなさんがセンター。

ということは、次は黄色の衣装の誰かなのか?

立花あんなさんに次のセンターは誰なのか聞いてみると・・・。「それはヒ・ミ・ツでございます。ウフフフフ・・・・。」ということだった。

立花あんなさんの後継のセンターになるメンバーに向けて、立花あんなさんは「私が6年間、命がけと言えば大袈裟ですけど、誰にも奪われないぞという気持ちで、大切に守ってきたセンターという場所なので、私も自分がいない未来の仮面女子に負けないぞという気持ちで、今日までやってきたので、次のセンターの子が引っ張って行く仮面女子も、立花あんながセンターだった時代なんて、ぶっ飛ばしてやるぐらいの気持ちで、お互い、未来と過去で切磋琢磨できたらいいなと思います。」と語っていた。

激動の日々を繰り返す仮面女子。

卒業ラッシュの先にある光景を今から楽しみにしておこう!