国民的美少女 髙橋ひかるがついにモデルデビュー! Ray専属モデルに決定!

スポンサーリンク

第14回全日本国民的美少女コンテストで約8万通の応募の中からグランプリを受賞し、ドラマやCMでも活躍中の女優 髙橋ひかる(17)が、株式会社主婦の友社より発行する「Ray」の専属モデルに抜擢され、11月22日(木)に発売される2019年1月号で表紙を飾りモデルデビューする。

Ray編集長の影山和美は、「初めて会ったときに、透明感に圧倒されました。その清らかな魅力を、これからRayで見せていけたらと思っています。表紙撮影のとき、カメラマンも”要求以上の表現をしてくれた”と、そのカンの良さにびっくりしていました。今後が楽しみです!」と大きな期待を寄せている。

初登場となる今号では表紙のほかに、巻頭6ページで特集。幼少期の様子や、デビューのきっかけ、今の仕事についてのプロフィールデータから、「実は美容マニア」という彼女のチャームポイントや私服、バッグのナカミの紹介、素顔のわかる25の質問まで、その素顔がクローズアップされている。驚くほどスタイル抜群、透明感のある上品さは「Ray」にぴったりで、ヘアメイクはナチュラルに徹して彼女の魅力をひきだしたという。それでいてお茶目な一面もある、髙橋ひかるのその多彩な表情にも注目だ。

髙橋本人は、この専属モデルが決定したことに「このお話を聞いた時はそれはもうすごく嬉しかったです!!この世界に入った時の一つの大きな目標でもありましたので。さらにデビューから表紙をやらせてもらえて、もう感謝しかありません!」と喜びを語った。

さらにモデルとしての目標について「こうみえてかなり緊張しているのですが(笑)少しでも早く読者の方に好きになってもらえるように自分らしく頑張っていきますし、ファッションモデルのお仕事を楽しみながら頑張っていきたいですね。」と抱負を語っている。

髙橋ひかる 髙橋ひかる 髙橋ひかる 髙橋ひかる 髙橋ひかる

©主婦の友社

Ray読者へメッセージ&専属モデルへの意気込み(本誌より)

初めまして!髙橋ひかるです。モデルとしての経験がないのでわからないことや、緊張していることも多いんですけど、これから精一杯頑張ります!読者さんとも触れ合えたらいいなぁ♥

よろしくお願い致します!

スポンサーリンク

【髙橋ひかるプロフィール】
2001年9月22日生まれ。17才(高校2年)。滋賀県出身。2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で約8万人の応募の中からグランプリを受賞。2016年に映画「人生の約束」で女優デビュー。その後、売れる女優の登竜門である「全国高校サッカー選手権大会」の13代目応援マネージャー、ラジオ「GIRLSLOCKS」などに大抜擢。2018年には「東京ガールズコレクション2018SPRINGSUMMER」でランウェイデビュー。最近ではドラマ「高嶺の花」でコスプレーヤー役として注目を集めました。チオビタドリンクなどCMも多数出演。

【Ray2019年1月号】
2018年11月22日(木)発売定価:670円(税込)
表紙:髙橋ひかる
特集:平成最後の12月だもん!欲ばらなきゃ♥
今欲しいのは着回せてイベントに使えて、着やせする服

タイトルとURLをコピーしました