大阪・秋の風物詩「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ 」結成20周年を迎えたコブクロがスペシャルストリートライブを開催!ダウンタウンも2025年万博誘致を最後まで応援!

スポンサーリンク

11月4日(日)、大阪の魅力を国内外に発信する「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ」が開催されました。

大阪の多様な魅力が融合した“1つの物語”が、ランウェイに描かれ、イベント会場となった御堂筋には、約40万人の観衆がつめかけました。

御堂筋の中央に出現した400m超えのランウェイ。MCを務める今田耕司と宇都宮まきが登場!

沿道に集まった人々を見渡して「去年にも増して人がたくさん来られています!」と今田。「みなさん、万博来て欲しいですよね!」と呼びかけるとそれに応えるように大きな拍手が起こります。

続いて主催者を代表して松井一郎大阪府知事による開幕宣言が行われました。「『御堂筋ランウェイ』、皆さんのおかげで年々盛り上がってまいりました。これは参加していただいている全てのみなさんのおかげです。今回はとくに、結成20周年を迎えたコブクロさんが、大阪のために、大阪を盛り上げたいと御堂筋でストリートライブをしてくださいます。それ以外にもアーティストの皆さんがボランティアで参加して、大阪を元気にしていこう、と。大勢のみなさんの協力があり、今日があります。2018年の『御堂筋ランウェイ』も、みなさんとともに大いに盛り上がり、楽しみたいと思います」と宣言しました。

そして、お待ちかねの開幕ファンファーレです。この日のファンファーレ演奏は、大阪を中心に、関西から公募で集まった172名ものトランペッターによるギネス世界記録チャレンジ企画! ギネス世界記録 公式認定員のフジブチ・フミカさんのガイドにより、ギネス世界記録認定におけるルールが説明されました。

そしていよいよ長い列を作ったトランペッターたちによる開幕のファンファーレが響き渡りました。演奏したのは、2分17秒に及ぶ「アイーダ」。フラッグ・パフォーマーたちも華麗に舞い、トランペッターたちの壮大な挑戦に華を添えました。判定の結果は、見事にギネス世界記録達成! 指揮を務めた野間裕二さんが代表して認定書を受け取りました。

まずは、大阪にみなぎる様々なパワーを感じさせるショーが次々と繰り広げられました。

まずは、繊維デニムの街・大阪のパワーを見せる、大阪のファッション・クリエイターとスペシャルゲストによる「繊維の街・大阪デニムファッションショー」。ファーストステージでは、ゲストモデルとして国内外で活躍する森星さん、大阪出身の大谷亮平さんがメインステージに登場! 手を振る観衆に、弾けるような笑顔で応えていました。セカンドステージ「Indeed WORK STYLE RUNWAY」では、デニムスーツに身を包んだ千鳥が登場! ノブは「大悟の帽子のクセがすごい!」と沿道に集まった皆さんを笑わせていました。千鳥に続く5人のモデルは、オールデニムで5タイプの仕事の制服でランウェイを彩りました。

ほかにもこの日だけのスペシャルステージが続きます。大阪の多彩な魅力をひとつにし、一大物語が展開される「The SHOW 〜OSAKA Delight〜」。このショーでは、ストーリーテラー・今田のもと、『ヒト×音×舞×アート×情熱』を多彩なキャストが表現。この日限りの共演でオリジナルの時空間を織りなしました。

まずは「OSK日本歌劇団ビッグショー」。創設96年を迎えるOSKが、まさに華やかという言葉がぴったりの、煌びやかなショーで魅了。「ロケット」とも呼ばれるスピーディーで迫力のあるラインダンスパフォーマンスでランウェイを盛り上げます。「超!チア!梅花女子大学」は、全国優勝常連の梅花女子大学チアリーディング部・レイダースによるオリジナルパフォーマンス! 躍動感あふれるアクロバットで観衆を魅了しました。「DANCE!DANCE!DANCE!」では、この夏注目を集めた全国ダンスの強豪、府立今宮高校と府立久米田高校の、お互いライバルである両ダンス部がひとつになってコラボダンスで初共演! フレッシュかつチームワーク抜群のパフォーマンスで笑顔を届けました。ここで突然、恐竜の雄叫びが!? 「DINO-A-LIVE」では、恐竜たちが時空を超えて突然、御堂筋に出現! 沿道に集まった観衆にも大接近し、そのうち一頭は主賓席で鑑賞する松井知事の目の前で吠える一幕も! 「PERFORMING ARTS! By大阪芸術大学」では、アート・イベントプロデュースの大阪芸術大学芸術計画学科が未来に繋ぐアクロバテイックな技で御堂筋を彩ります。数々のエナジー溢れるパフォーマンスに、御堂筋は熱気と興奮、感動に包まれました。

続くスペシャルトークショーでは、「繊維の街・大阪デニムファッションショー」に出演した森星さんと大谷亮平さんがステージに。御堂筋に出現した400m超えのランウェイを歩いた感想を、「ふたりで目を合わせて『意外と長いね〜』と話していました」と森さん。大阪出身の大谷さんは「母校もここから近いんです」との話題から、今田と母校が同じであることが発覚! さらに、現在、出演中の連続テレビ小説『まんぷく』の撮影で大阪に滞在しているとも話し、「大阪は安くておいしい店がいっぱいあるので、(共演者と)よく飲みに行ったり、友好を深めています」と明かしました。森さんもイベント出演などで大阪にはよく来るそうで、「エネルギッシュな雰囲気が大好き。いつも『551』を買って食べてます」とにっこり。まきちゃんが「豚まん食べて、こんなスタイルがいいだなんて!」と羨ましがると、「けっこう動いてます」と体型維持の秘訣を笑顔で明かしていました。

そして、ことし結成20周年を迎えたコブクロによる「コブクロ 20th アニバーサリースペシャル・ストリートライブ」! 今回、「自分たちを育ててくれた大阪への感謝を」という想いを届けるため、「御堂筋ランウェイ」でのコブクロ史上最大級となるストリートライブとなります。

小渕さんは「まさにここでのストリートライブは、僕らの夢です。当時は戎橋の近くや天王寺の地べたで歌わせていただいていました。でも今日はこのステージで、同じ大阪の空の下で歌えるのを誇りに思います。皆さんもそれぞれの場所で楽しんでください」と挨拶しました。

まずは、2001年、各地でストリートライブをしていた頃に、何度も路上で歌ったという『YELL〜エール〜』から。続く『君という名の翼』では、サビでファンも一緒になって左右を手に振り、一体感にあふれる空気に。MCでは、「ギター1本でどこでも歌えるというスタイルが、今日この場所に呼んでくれたんだと思います」と小渕さん。続けて11月7日にリリースの『風を見つめて』、20周年のアニバーサリーソング『晴々』では、ファンとのコール&レスポンスで大盛り上がり! さらに場所をメインステージからフロートに移し、フロートでランウェイを南に移動しながら『桜』を熱唱! ラストは『轍』を。沿道に集まった観衆全員で最後は大合唱し、コブクロ史上最大級のストリートライブはにぎやかに幕を下ろしました。

未来へつなぐスペシャルプログラムでは、「EXPO2025 PR」では、2025年の大阪・関西での万博開催に夢をつなげるスペシャルトークを展開しました。このステージには、松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長、関西経済連合会・松本正義会長、大阪府広報担当副知事のもずやんが登壇。

松井知事は、今日の盛り上がりを「最高の笑顔が見られているかなと思います。まさに万博のテーマそのものだと思います」と語りました。万博開催地決定の発表が11月23日と迫っていることもあり、松井知事は「ロシアも強い、アゼルバイジャンもまた強い。でも大阪は人のパワーがあります」と笑顔。いよいよ誘致活動もラストスーパートに差し掛かり、松井知事は「やれることはすべてやってきました。後は結果を待つのみです」と表情を引き締めました。

そしていよいよ2025年の万博、大阪・関西誘致のアンバサダーを務めるダウンタウンがフロートに乗りランウェイに登場! 集まった観客に応えるように手をふり、ゆっくりとメインステージに近づいてきます。

ステージに着くなり、浜田は「去年より人数増えてませんか? すごくないですか!?」と沿道に集まった皆さんの熱気に驚いた様子。また、開催地決定の11月23日が間近ということで、「今日、これだけのためだけに大阪に帰ってきました。浜田さんはついでの仕事みたいやけど」と明かして大笑い。

また、松井知事はアンバサダーのふたりに「“もしも”の結果が出たとしても、これはもう僕の責任ではないと思います(笑)」、吉村市長も「アンバサダーの責任です」とアンバサダーのふたりに責任転嫁!? 松本は「うちのオカンは『もしも万博が決まらんかったら屁ぇこいて寝る』と言ってました」と明かしていました。また、大阪のライバルであるロシア・エカテリンブルク、アゼルバイジャン・バクーと「結構、拮抗してるらしいですね」と松本が尋ねると、「相手もなかなか強いです」と松井知事。これを受けて松本は「あとは、浜田が問題さえ起こさなければ…」とつぶやき、観衆を沸かせていました。また、浜田の父は、70年の大阪万博にてソ連館の壁のペンキを塗ったことに触れ、松井知事は「万博開催が大阪に決定したら、今回は浜田さんにパビリオンのペンキを塗っていただこう、と思っています」と提案し、浜田は大笑いしていました。

いよいよグランドフィナーレです。大谷さんは「地元でたくさんパワーもらったので『まんぷく』の撮影、がんばれそうです」とにっこり。史上最大のストリートライブを開催したコブクロは「こんな楽しいライブをさせてくれる大阪という街は、本当にすごい街だなと思いました! 感謝です」と感想を。ダウンタウンは松本が「プライベートなので写真は勘弁して欲しかったんですが…」とボケも交えつつ、「これからもアンバサダー、がんばりますよ」と意気込みを。松井知事は大阪のみなぎるパワーを改めて実感し、2025年の万博、大阪・関西誘致に向けて、改めて手応えを感じているようでした。

魅力溢れる人々、そして誰もが胸を打たれたストリートライブ、パワフルなダンスパフォーマンス、大阪らしいセンスがあふれたアートなど、大阪が放つ魅力を再確認した「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ」は、未来へと続く大阪のみなぎるパワーを感じさせる中、にぎやかに幕を下ろしました。

null

〔コブクロ コメント〕

小渕健太郎
「この街に育ててもらった音楽を、またこの街で伝える。しかも最大規模で。僕たちだけの力じゃなくて、大阪の街ごとひとつになって盛り上がってくれたおかげで、大成功したと思います。本当に楽しかったです。
(フロートからの景色は?)ビルの感じや空が、当時、ストリートライブをやっていた頃の景色と似ているんですよね。同じ空なんだなとタイムスリップしたような気にもなりましたが、いや今日は違う、と。今日は堂々と歌を歌ってるんだなと、とても気持ちがよかったです」

黒田俊介
「今、何気なくこの場に立っていますけど、ここ、御堂筋ですからね(笑)。まさかこんなところで歌が歌える日が来るとは思いませんでした。皆さんが、『これは当分できない』とおっしゃってましたが、ぜひ毎年やっていただきたいと思います。最高に気持ちがよかったです。
(フロートからの景色は?)オリンピックでメダルを獲った方々の凱旋ってこんな感じなのかなと思いました。メダルも獲っていないのに、そんな気持ちになれました(笑)」

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする