38,000人が“関ジュ”に恋をした! 関西ジャニーズJr.コンサート千秋楽! 年明けには大阪城ホール公演も!

スポンサーリンク

関西ジャニーズJr.のコンサート「関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE ~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~」の千穐楽公演が、11月4日(日)に、大阪・梅田芸術劇場にて行われた。

関西ジャニーズJr.は、今年2018年だけで全130公演を行い、今回のコンサート(全20公演、計38,000人動員)の申し込み総数は“約70万件”にのぼるなど、すでに人気・実力・勢いのいずれも急成長中。

総勢46名の関西ジャニーズJr.が勢揃いの今回のコンサート公演は、「後輩たちに、自分たちにできるサポートをやりたい」と、関ジャニ∞の大倉と横山が演出面で、丸山が映像で出演、安田が関西ジャニーズJr.オリジナルの新曲を提供するなど、非常に話題性の高い公演となった。

アンコール含む全33曲、2時間以上にわたる公演では、関西ジャニーズJr.のオリジナル曲はもちろん、先輩ジャニーズグループのヒット曲を自分たちなりにアレンジした「ジャニーズメドレー」、楽器ができるメンバーによる「バンド」スタイルでの生演奏も披露。さらには、がっつりネタを自分たちで作りこんだ漫才、朗読と一発ギャグが対決する「異種格闘技戦」、メンバー総出で全力の「ヲタ芸」を披露するなど、関西ならではの「ノリ」と「バラエティ」も忘れず、観客を沸かせた。

今回は、先日新たに結成された関西ジャニーズJr.内の7人組グループ「なにわ男子」にとって初めての公演。先の取材の際に「誰がセンターに立っても輝けるように頑張ります!(西畑)」と意気込んだ7人は、オリジナル曲「なにわ Lucky Boy!!」を全力で披露した。

キラキラしたアイドルの顔で華麗にダンスを見せ、関西らしいノリと笑いを届け、バンドでクールに演奏を決めたかと思いきや、お祭り騒ぎのテンションで観客を笑顔にする。関西ジャニーズJr.ならではの「振り幅」と「アイドル性」が詰め込まれたコンサートとなった。

MCで「あっという間の2週間だった(西畑)」と語った通り、関西ジャニーズJr.のメンバーにとっても手応えのあった公演となったようだ。

全20公演にわたるコンサートが本日千穐楽を迎えたのも束の間、11月30日(金)からは全35公演となる「関西ジャニーズJr.『X'mas SHOW 2018』」が大阪松竹座でスタート。さらに年明けの2019年1月3日(木)・4日(金)の2日間には、2年連続となる大阪城ホール公演も決定しており、関西ジャニーズJr.の勢いは増すばかりだ。

スポンサーリンク

関連リンク

Johnny's net
https://www.johnnys-net.jp/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする