NGT48 2期生だけで初めての劇場イベント! ユニットを代表して戦った6名がセンターに!

スポンサーリンク

10月14日、新潟県を拠点とする AKB48 の姉妹グループ・NGT48がNGT48 劇場において、「『第 2 回ユニットじゃんけん大会』2ki 準優勝記念イベント~みんなで勝ち取った準優勝!ここから生活に支障が出るほど頑張ります!!~」を開催致した。

今年 4 月、AKB48 グループ初の試みとして行われた新潟市の移住プロモーションとコラボしたオーディションに合格し、NGT48 に加入した 2 期生。9 月には、地元・万代シテイでお披露目イベントを行い、4th シングル「世界の人へ」のリリース記念イベントでは日本武道館のステージに立つなど、ドラフト研究生のメンバーとともに、NGT48 の第 2 章を象徴する存在として注目を集めています。

そんな中、16 名ユニット“2ki(ニキ)”として初のじゃんけん大会に挑み、あれよあれよという間に勝ち進んで、まさかの準優勝に輝きました。その快挙を、応援していただいたファンの皆様と一緒にお祝いしようと、先輩方が大阪の NMB48 劇場にて出張公演で不在のこの日、NGT48 劇場でのイベント開催となりました。

イベントタイトルにある「生活に支障が~」は、独特すぎるとして話題になっている 2 期生の渡邉歩咲(わたなべ あゆさ)のキャッチフレーズから付けられたものです。

記念イベントのオープニングでは、2ki は全員黒の衣装に身を包みステージに登場。「先輩のみなさんはカラフルで可愛らしい衣装が多いだろう」と、あえてシックな黒一色に統一して、じゃんけん大会本戦でも着用した思い入れのある衣装です。

その衣装でまず披露した曲は、「Show Fight!」。センターは真下華穂が務めましたが、この日披露された全ての楽曲のセンターは、本戦でユニットを代表して戦ったメンバー6 名がそれぞれ務めています。「言い訳 Maybe」で初めてセンターを務めた富永有夢は、泣いてしまうほど緊張したというものの、「みんなが励ましてくれたおかげで、今までで一番いいパフォーマンスが出来ました」と目を潤ませながら、仲間に感謝の気持ちを伝えました。

この日のイベントで各楽曲のセンターを務め、じゃんけん大会本戦で戦ったメンバーは、優勝する為に必要な勝利数を逆算して、事前に予選を行って決定しておいた 6 人。優勝することを前提にした準備が、奇跡的に現実となりました(予選の様子は、9 月 18 日と 19 日に NGT48 公式 Twitter で、公開されています → https://twitter.com/official_NGT48 )。

また、イベントでは、じゃんけん大会で繰り広げられた熱戦を振り返るコーナーも。モニターに映し出される勝負の様子を見守りながら、当然結果は分かっているものの、メンバーたちは「緊張してきた…」「手汗が…」と大会当日の気持ちに戻っていました。決勝で真下が敗れたシーンを見た際には、あらためて「あ~!」「負けちゃった~!」とメンバーから真下が総ツッコみを受ける場面もありました。

その後も、「大阪で出張公演を行っている先輩方にも熱気が届くくらい頑張りましょう!」と、真下が宣言した通り、気合十分のステージパフォーマンスを披露。最新シングル「世界の人へ」を 2ki バージョンや、プレゼントの抽選会や大会を振り返るスライドショーなどを行い、課題残りながらも、先輩メンバーの力を借りずに、初めての 2 期生だけでのイベントを全うしました。

尚、じゃんけん大会で優勝した“Fortune cherry”のメジャーデビューシングルは、2018 年 12 月 19 日(水)にリリースされ、準優勝した“2ki”が同シングルのカップリング曲を務めます。

●イベントを終えてのメンバーコメント

真下華穂(ましも かほ)
本当に楽しい時間でした。2 期生だけで劇場でイベントをする貴重な機会をいただけたので、いいイベントになるようにみんなで意見を出し合ってきました。そのおかげもあって、今日は、みんなが今の全てを出し切れたんじゃないかと思います。またステージに立たせていただける機会が来るように、みんなでもっと成長していきたいです。

羽切瑠菜(はぎり るな)
みんなで協力して意見を出し合って、今日のイベントの準備ができました。加入したばかりの頃は、出身地も年齢もバラバラで、一緒にやっていけるかなという不安も正直ありましたが、こうやってイベントを経ていく度に、みんなの団結力も強くなってきているのを感じています。2 期生もこれからのNGT48 の力になれるように、もっと頑張っていきますので、よろしくお願いします。

山崎美里衣(やまざき みりい)
まだまだ課題もありますが、今日は 2 期生の良さが詰まったイベントができたんじゃないかなと思います。ステージでみんなと顔を合わせて笑い合ったりしていると、これまでにないくらいの楽しさや充実感を感じることができました。また頑張って、16 人みんなで劇場のステージに立ちたいと思います。ありがとうございました。

©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS
©AKS

©AKS

スポンサーリンク

関連リンク

NGT48 Official Site
https://ngt48.jp/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする