AKB48グループ第2回ユニットじゃんけん大会~空気を読むな、心を読め!~は“Fortune cherry”が優勝!

スポンサーリンク

9月23日、『AKB48グループ第2回ユニットじゃんけん大会2018~空気を読むな、心を読め!~』が、片柳アリーナ(日本工学院専門学校/東京・蒲田)にて開催され、福井県出身のドラフト3期研究生コンビ「Fortune cherry」が優勝してメジャーデビューを勝ち取りました。

●福井県出身のドラフト3期生コンビ「Fortune cherry」が、夢のメジャーデビュー!!

今年で9回目を迎えるじゃんけん大会は、昨年に引き続き、ソロも含めたユニットでの対戦。

先輩・後輩、グループの垣根を超えた個性的な48組が、8月の予備戦を勝ち抜き、この日の本戦に臨みました。

【Aブロック】

「博多女子」「うどんだけじゃないけん!」「火の国熊本三銃士」と、優勝して故郷をPRしようとする地元愛の強いユニットが揃ったAブロック。

昨年の地元名古屋でのじゃんけん大会のリベンジに挑もうと、同じユニットで出場したSKE48 6期生のユニット「栄6期生」。順調に3回戦まで進むも「大空ついんず」に敗退。「本当にごめんなさい」と謝る北川綾巴に、会場で見守っていたSKE48大場美奈が「何やってんだー!」っとツッコみながらも、その善戦を讃えていました。

昨年の覇者「fairy w!ink」は、3回のあいこの末、全くタイプの違う「パラパラ同好会」に敗退。初の連覇の偉業を目指していただけに、「悲しいです…」との言葉を残すのがやっとでした。AKB48ドラフト3期研究生のユニット「大空ついんず」の本田そらが「空気読んでないなー!ごめんなさい!」と恐縮しつつも、決勝ブロック進出を勝ち取りました。

【Bブロック】

AKB48世界選抜総選挙で2位となり活躍めざましいSKE48須田亜香里が、12歳年下の後輩を引き連れてユニットを組んだ「未年姉妹」は、期待がかかるも1回戦であっさりと敗退。それでも、「後輩にここまで連れてきてもらった。SKE48は層が厚いと思ってもらえた」と、須田は後輩2人の予備戦からの活躍を労いました。

今回参加している中で最大人数の16人ユニットとなる、NGT48 2期研究生の「2ki」。メンバー内で予選を行い、決勝まで戦う6人を事前に決めていた作戦が功を奏したのか、Bブロック代表に。その快進撃には、会場で見守っていた荻野由佳と本間日陽も「すごーい!」と絶叫して喜びを表現していました。

【Cブロック】

“シスターズ”の名前のユニットは数あれど、本当に血の繋がっている唯一のユニット「武藤シスターズ」。AKB48史上初のリアル姉妹ユニットでのデビューが期待され注目が集まりました。十夢が姉らしく責任を持つのかと思いきや、妹の小麟にじゃんけんを一任する作戦に。初戦は勝利するも、2回戦で敗退。「何もしてないけどくやしー!」との十夢の絶叫に、小麟は気まずそうに苦笑いするしかありませんでした。

Cブロックを制したのは、AKB48多田京加とHKT48松田祐実のユニット「Fortune cherry」。福井県出身でドラフト3期生のグループの垣根を越えたコンビが、なぜか「始まる前から自信があった」と、余裕のコメントを残し勝ち進みました。

【Dブロック】

注目を集めたのは、3年連続で本戦出場を果たしたNGT48菅原りこのソロユニット「さくらんぼの妖精」。衣装を一新して1回戦に臨むも、三度目の正直とはならず、あえなく1回戦敗退。予備戦では無類の強さを誇るも、本戦では弱いという不思議なジンクスが、残念ながら今年も続いてしまいました。

決勝ブロック進出を果たしたのは、HKT48坂本愛玲菜が「ずっと頭に浮かんだ手を出したら勝てた」という、AKB48チーム8小田えりなとのユニット「ザ・イーズ」。東西の歌姫と呼ばれる2人に、AKB48(STU48兼任)岡田奈々も、「2人の声が好きなので、優勝して曲を聴くのが楽しみ」と期待を寄せていました。

【決勝ブロック】

決勝に進んだ4つのうち3ユニットが、今年AKB48グループに加入したばかりのメンバーという、まさにフレッシュな展開に。AKB48グループ総監督の横山由依は「新時代という感じがしますね」と、チャンスを全力で掴もうとする若手に目を細めていました。準決勝を経て、決勝に進んだのは、「2ki」と「Fortune cherry」。今年の4月にオーディションに合格しNGT48に加入したばかりの「2ki」が勝てば、最速でのメジャーデビューに。「Fortune cheryy」が勝てば、未だにCDに参加経験のない2人がメジャーデビューに。どちらが勝っても、前代未聞の展開となり、決勝戦は過去にない盛り上がりを見せました。異様な盛り上がりの中、一度のあいこを挟み、「Fortune cherry」が見事に勝利し、メジャーデビューの権利を獲得しました。

負けはしたものの、「2ki」の真下華穂は「これをきっかけにたくさんNGT48や、二期生のことに興味を持ってもらえたら嬉しいです」と前向きなコメントで仲間たちと喜び合っていました。優勝した「Fortune cherry」のAKB48多田京加とHKT48松田祐実は、「予選から自信があって勝ちそうな気がしたらやっぱり勝った」「Fortuneと言う通り、みなさんから“福”を貰って勝てた」と語り、不思議な自信とファンからの応援で優勝を掴み取ったことを喜びました。そして、2人とも福井県出身ということで、優勝のご褒美として決まっているミュージックビデオ撮影は「福井で!」とおねだりも忘れていませんでした。

尚、今回優勝した「Fortune cherry」のメジャーデビューシングルは、2018年12月19日(水)にリリースされ、準優勝した「2ki」が同シングルのカップリング曲を務めます。

©AKS

©AKS

スポンサーリンク

関連リンク

AKB48ユニットじゃんけん大会2018 オフィシャルサイト
https://www.akb48.co.jp/unitjanken2nd

イベント写真

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS
©AKS

タイトルとURLをコピーしました