中山秀征、一夜限りの開催! 歌手・森口博子も登場!豪華ミュージックパラダイス!

スポンサーリンク

タレントの中山秀征が9 月 9 日、恵比寿ザ・ガーデンルームにてスペシャルライブ「ヒデライブ 2018 ミュージックパラダイス」を開催した。 昨年 50 歳を記念し同会場で開催した一夜限りのスペシャルライブ「中山秀征 50th Anniversary Live 〜50 BOY STORY〜」から一年。来場者から「また来年もやって ほしい」という熱いメッセージに応える形で急遽決定した本公演。 そんな中山を完璧サポートしたのが「ジャナイズ 6」のメンバー。中山の所属事務所「ワタナベエンターテインメント」が誇る最強のじゃない方芸人6人からなる「ジャナイズ6」 は、アンガールズ田中じゃない方の山根、フォーリンラブのバービーじゃない方のハジメ、ザブングルのカッチカチじゃない方の松尾、我が家のイケメンでもなくデブでもない谷田部、そしてブルゾンちえみじゃない方のブリリアン(コージ・ダイキ)からなり、歌はもちろん、ダンス、トークなどでも中山をサポート。今年芸能生活34年を迎える中山らしい、エンターテインメント性に溢れた公演となった。

平成最後の年だからこそ、中山秀征の「いま、唄いたい昭和歌謡」を存分に選曲。 1 年ぶりのライブの 1 曲目に中山が選んだ楽曲は敏いとうとハッピー&ブルーの「射 手座の女」。コーラスとしてジャナイズ6を従え、鉄砲の音に合わせたコミカルな振り付けも披露。続け様に黒沢明とロス・プリモス「ラブユー東京」、敏いとうとハッピー&ブルー「星降る街角」などを披露し、溢れ出す昭和感にいきなり会場はヒートアップ。

中山の一夜限りのスペシャルライブを盛り上げたいとサプライズで登場したのが、同世代でデビューもほぼ同時期の歌手・森口博子だ。中山と森口はともに 80 年代からバラエティ番組で切磋琢磨してきたが、お互いデビュー当時は音楽活動を志していた仲間でもある。そんな森口に昭和歌謡の魅力を一緒に伝えたいと中山のラブコールでこのコラボレーションが実現した。 森口は石川さゆりの代表曲「津軽海峡・冬景色」を力強く歌い上げると、石川優子とチ ャゲの軽やかな夏ソング「ふたりの愛ランド」を中山とデュエット。平成最後の夏に、最強の昭和夏デュエットソングを披露した。

お笑い要素も盛りだくさんだった。ジャナイズ 6 は、ザ・ワイルドワンズのデビュー曲 「想い出の渚」を披露。と、思いきや、それぞれ 1 フレーズずつモノマネで繋ぎ、ザ・ハンダースを彷彿とさせた。ザブングル松尾による Hyde、フォーリンラブハジメによる桑 田佳祐は流石のクオリティ。アンガールズ山根は相方の田中風に「山根〜」となりきり、 我が家谷田部は小堺一機。普段なかなか見ることのないブリリアンのモノマネも飛び出し、会場は大爆笑に包まれた。 昨年中山が発売したカバーアルバム「50」にも収録されているデュエットソング「別れても好きな人」を歌うのは AKB48の柏木由紀・・・ではなく、突然聞き覚えのある曲と 一緒に登場してきたのが、マドンナに扮したフォーリンラブのバービー。マドンナの 「Like A Virgin」に合わせて登場し、サビの「ライクアバージン」を「ライクアバービー」 と歌うなど会場を騒然とさせた。「別れても好きな人」の中山とのデュエットでは、最後にフォーリンラブハジメも登場し、まさかの中山とハジメでバービーを取り合うという珍事件に。

後輩たちが笑いで盛り上げた後は、中山が歌で魅せる。尊敬してやまない石原裕次郎 の名曲をメドレーでしっとりと歌い上げた。アンコールではザ・タイガースの再結成後に発売したシングル「色つきの女でいてくれ よ」をジャナイズ 6 と披露。昭和の歌番組さながらに、客席から紙テープが舞い飛んだ。 そしてこのライブの最後の一曲に中山が選んだのが西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A)」だった。ずっと中山が憧れ続けた西城秀樹の代表曲を出演者全員で披露。会場が一体となり一夜限りのスペシャルライブを締めくくった。

平成が終わる今だからこそ、昭和の名曲を愛し続けていきたい中山の想いが全面に溢れた公演となった。客層は幅広く、同じ時代を駆け抜けた同世代の人を中心に、中山 が憧れた大スターと同じ世代の人生の先輩方や、10〜20代の若者の姿も多く見られた。30 年以上テレビの第一線で活躍してきた中山だからこそ、今後も様々な世代に名曲を届けていく。

<中山秀征コメント>

昨年に引き続き、このようなステージが出来、大変嬉しく思っております。今回はゲストに森口博子さん、バービーを迎え、自分の好きな昭和歌謡だけでなくニューミュージックも歌えて、皆様に本当に感謝しております!

特に森口さんとは若手の頃から夢を語り合ったなか、今回のようなステージに立てたことは本当に幸せでした。

また来年もこのようなステージを考えておりますので、引き続き関係者の方々含め、よろしくお願いいたします!

<森口博子コメント>

同じ時代を生きてきたヒデちゃんと同じステージに立ててとても嬉しかったです!

リハーサルから楽しかったですが本番はさらに昭和パワー全開でクセになりそう。

ヒデちゃんまた呼んでね!

スポンサーリンク

関連リンク

中山秀征公式webサイト Nakayama's Route
http://nakayamahideyuki.com/

関連写真

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする