アップアップガールズ(2)#アプガ2ファースト で最高の初日をスタートさせる

スポンサーリンク

アイドルグループ、アップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))が、初の単独ツアー『アップアップガールズ(2) ファーストライブツアー #アプガ2ファースト 』を開催。9月9日(日)に、神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH!!でツアー初日の公演を行った。

アプガ(2)は、高萩千夏、吉川茉優、鍛治島彩、橋村理子、中沖凜の5人に、4月から中川千尋、佐々木ほのかという中学生コンビの新メンバーが加入。7月から7人体制でのライブを開始し、この夏は、アイドル横丁夏まつり、TOKYO IDOL FESTIVAL、@JAM EXPOなど多数のアイドルフェスに出演。インパクトのあるステージを展開し、見事に成長を遂げた。今回のツアーは、アプガ(2)の持つ現在のポテンシャルを存分に発揮する場だ。また、本ツアーは、秋田、富山、千葉、福島といったメンバーの地元凱旋公演も開催される。アプガ(2)にとって大事なツアーとなる初日の新横浜公演だけに、メンバー7人の気合いはたっぷり。彼女たちは、多くのファンを前に熱気あふれるステージを繰り広げた。

ライブは、デビューシングルのパワフルなダンスチューン「二の足Dancing」から勢い全開でスタート。メンバー7人は、エネルギッシュにパフォーマンスする。アプガ(2)のパワーに応えるように、観客もヒートアップ。ライブ冒頭から、会場のテンションはハイボルテージとなった。

熱いステージだけではなく、新メンバーの中川と佐々木が“メンバーを動物に例えると”という楽しい企画コーナーも行われた。さらに中川と佐々木は、ポップソングの「初恋Ding Dong」を2人だけで歌唱し、フレッシュなパフォーマンスで観客を楽しませた。

続いては先輩メンバーの5人が、ミディアムチューンの「Now & Forever」を歌唱し会場を温かいムードに包み込む。

そして、東京出身の橋村が近県の神奈川で(仮)凱旋ソロステージを披露。バラード曲「幻になりたい」を、しっかりとした歌声で観客に届けた。初めてのソロステージを務めた橋村は、「1年半前にオーディションを受けたときは、ソロコーナーをできるなんて思いもしませんでした」と感慨深め。さらに彼女は「私の憧れのアイドルは、田中れいなさんなんです。田中さんの、アイドル像を崩さない、ファンの方を絶対に裏切らないってところが私はほんとに好きなんです。そこが、私が目指さなきゃいけないところだなって思ってるんですよ。まだまだ道のりは遠いけど、このツアーを通して、そしてツアーのあとももっともっと成長していきたいです」と今後の抱負を語ると、観客から大きな拍手が送られた。

ここから再びアプガ(2)全員でのステージ。メンバー7人は、キャッチーなポップチューン「Go For Girls!」をポンポンを持ってチアダンスを笑顔で披露。振り切り度マックスなアップチューン「ハッピース♡LOVE」、明るく爽快な「Sun!×3」とカラフルな楽曲でライブのラストスパートを疾走する。さらに、つんく♂が作詞作曲した最新シングル曲「全部青春!」を元気いっぱいに披露しライブ本編は終了。

観客のアンコールの声にメンバー7人がステージに戻ると、吉川からこのツアーの目標が語られていく。「私たちは、以前からマイナビBLITZ赤坂でワンマンライブをしたいと言ってるんですけど、会場が1400人くらい入るんです。今回のツアーは5都市全10公演あって、現在の動員数が883名なんです。なので、いわきのファイナル公演までに動員数を1000人にするというのが目標です。でも、目標は1000人だけど、気持ち的には1400人を目指していきたいなと思ってます。今の2倍伸ばすのは簡単じゃないけど、私たちもチケットの手売りやSNSで宣伝したり、各地の方にもアプガ(2)を広めていきます。この目標が達成できたら、素敵なサプライズがいただけるらしいんです。目標を達成できるように、全力でがんばります!」と声をあげた。

続けて鍛治島が、ライブの感想を述べていく。「私たちはツアーをやったことがなかったから、正直すごく不安だったしドキドキしてる部分があったんです。でも、ステージに立った瞬間に、みなさんが笑顔ですごい大きな声援で向かい入れてくれたおかげで、私たちもとってもとっても楽しくライブをすることができました。ほんとにほんとに最高の初日を切ることができました。これからもツアーは続いていきます。みなさん応援よろしくお願いします!」と語ると、観客から大きな拍手が沸き起こった。

そしてメンバー7人は、青春感溢れるセンチメンタルなポップチューン「スクール・ポーカー・ライフ」を歌唱し、会場をポジティブな空気感に包み込んでライブを締めくくった。

アプガ(2)の初めてのツアーの初日の公演は、グループの勢いや楽しさはもちろん、メンバーの明るい人柄もしっかりと伝わるライブとなった。ここからツアーがどのように発展していくのか、そしてツアーの目標は達成できるのか。アプガ(2)の今後の動向に期待しよう。

スポンサーリンク

関連リンク

アップアップガールズ(仮) 公式サイト
http://www.upupgirlskakkokari.com/

関連写真

タイトルとURLをコピーしました