藤本美貴、CMで家事に追われるママを好演! 真剣さが娘役の子どもにも伝わる

スポンサーリンク

新築木造一戸建ての全国フランチャイズ展開をしている注文住宅メーカー ユニバーサルホームの新TV-CM『ちょっと待ってね』篇と『家のゆとり』篇が9月1日(土)からオンエア開始され、ママ役としてタレントの藤本美貴さんが出演する。

新CM『ちょっと待ってね』篇 、『家のゆとり』篇は、“ママの家事を楽にする住まい”をコンセプトに制作され、毎日慌ただしくしているママの家事負担が軽減され、子どもとふれあう時間、夫婦の時間など、「家族との時間」が増える暮らしをCM内で表現している。

◆新CMについて

・『ちょっと待ってね』篇

洗濯や掃除などの家事に追われるママの忙しい様子を、「ちょっと待ってね」という言葉で表現した新CM。ママ役には、ご自身も2人のお子さんを持つ藤本美貴さんを起用し、子どもの「あそぼ」にこたえることができず「ちょっと待ってね」と言ってしまう姿を、リアルに演じていただきました。

新居では、キッチンにボタンひとつで食器洗いをしてくれる食洗機などで家事が楽になり、子どもの「あそぼ」に笑顔でこたえる藤本美貴さんの姿に心温まるCMとなっています。

・『家のゆとり』篇

暖かくゆったりとしたお家での家族の姿と、ママ目線の藤本美貴さんのナレーションで「ゆとり」を表現した新CM。ユニバーサルホームの標準仕様である一階全面床暖房の上でふれあう姿や機能性のあるキッチン、出来上がった料理をスムーズに運べる動線設計など、注文住宅ならではの「こだわり」が反映された住まいで手に入れた「ゆとり」を、家族の笑顔で表現しています。

◆撮影エピソード

藤本美貴さんは、『ちょっと待ってね 』篇で出てくる「ちょっと待ってね」のセリフのニュアンスを入念にチェックしながら、撮影を進めていました。その真剣さが伝わったのか、ある撮影シーンでは娘役の子が、自分の言うセリフと間違えて「ちょっと待ってね」と言ってしまうハプニングも。スタッフ含め、思わず笑みがこぼれていました。

撮影の合間には、すぐに仲良くなった娘役の子とオモチャやお絵かきで遊んでいた藤本美貴さん。その姿はまるで、本当の親子のようでした。また、「”ちょっと待ってね”って言っちゃうよね」と、ママとしてCMの内容に共感されていました。

スポンサーリンク

また、新CMの放映開始に合わせて、 9月1日(土)~9月30日(日)まで「秋得フェスタ」を全国のユニバーサルホーム約115店舗にて開催される。

ホームページでは藤本美貴さんとユニバーサルホームのお施主様との対談動画を9月7日(金)から公開する。

関連リンク

ミキティも応援 秋得フェスタ 注文住宅のユニバーサルホーム公式サイト
https://www.universalhome.co.jp/campaign/autumn201809/

タイトルとURLをコピーしました