会えるARイケメン「ARP」 CEDEC2018 優秀賞受賞!同時に新曲MVを解禁!

最先端のAR技術を使い、まるで会場に実在すると錯覚するほどの存在感と臨場感のあるARライブを展開し、会えるARイケメングループとして話題になっているARP!彼らはライブを主体に活動しており、デビュー1年目の2018年1月の「A’LIVE3」では2日間で約5,400人を動員し、先日アニメ化も決定したという、急速な進化を遂げているダンスボーカルグループである。

そのARPの開発チーム(株式会社ユークス)が、CEDEC AWARDS 2018 優秀賞【ゲームデザイン部門】を受賞した。

▼優秀賞に選出された理由としては以下のとおり

『ARというプレゼンスが高まる技術に、さらにモーションアクターとボイスアクターにより、キャラクターをリアルタイムに演技をさせることで、卓越したプレゼンスを実現した。ライブにおけるリズムゲームの報酬としてキャラクターとインタラクションできるというデザインは画期的なものであり、現在盛り上がりを見せているVirtual Youtuberとゲームの接続に対する可能性も感じさせる点も評価。』(CEDEC 2018 公式サイトより)

ARPのライブは、ARアーティストながらインタラクティブにお客様のやりとりができるのが特徴で、そのクオリティーの高さが非常に優れていることで定評があるが、このハイクオリティーなARライブを支えている「ALiS ZERO」というARライブシステムがある。

ALiS ZEROは、ギネスに認定された累計6800万本を売り上げる世界N0.1プロレスゲーム「WWE」ビデオゲームを開発するユークスが生み出したシステムであり、ゲームで培った高度な3D CG技術により、圧倒的な存在感のある人間のグラフィックを動かすAR Live Systemである。

「ARP」のステージの舞台裏はこのシステムによって、歌や声を担当するキャスト、体の動きを担当するダンスや演技ができるキャスト、表情などを担当するフェイシャルキャストなど、大勢のプロ達の「生」の仕事をシンクロさせ、その場で遅延なくなめらかなリアルタイムCGショーを実現している。

これにより、ARに特化した舞台照明や影、パフォーマーの足音のコントロール、観客が映り込む舞台袖のARカメラなど全ての演出を同時に制御することで、「次元を超えた、まさにその舞台に実在しているかのようなステージ」が作り出されているというわけである。

また8/18から配信開始となったARPの新曲「Paradise」のMVも同じく解禁となった。

(テレビ朝日系全国放送「Break Out」9月度 マンスリーアーティスト「FREAK SCENE」)

新曲「Paradise」はARPのメンバー4人の個性を生かした歌メロとダンスや、クラブサウンドながらもトライバルでノリやすいリズム、そして、絶妙なサウンドが癖になるキラーチューンとなっており、MVでは、ARP史上初のフォーメーションダンスもみれ、その圧倒的なパフォーマンスが伝わってくる

2019年1月にライブも決定しており、回を重ねるごとに確実に進化を遂げる彼らの活動に今後も当分目が離せなそうだ。

ARP

▼CEDEC2018 優秀賞受賞ページ
https://2018.cedec.cesa.or.jp/event/awards/gd#prize_top

▼AR performersオフィシャルページ
https://arp-fc.yukes.co.jp/homepage/ar-performers/

▼Paradise配信ページ
https://avex.lnk.to/ARP

▼ARPオフィシャルライブ情報
https://arp-fc.yukes.co.jp/homepage/live-info/

▼リリース情報
https://arp-fc.yukes.co.jp/homepage/discography/

タイトルとURLをコピーしました