映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が遂に公開! 初日舞台挨拶に豪華キャスト陣が勢ぞろい!

8月17日、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)。福田雄一監督のもと小栗旬を主演に、史上最強の超豪華キャストが結集し、2017年に実写映画化! 最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する超絶大ヒットとなった。そして、日本中をお祭り騒ぎにした前作公開から早一年。鑑賞者たちの興奮も冷めやらぬ中、その続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』(配給:ワーナー・ブラザース映画)が全国公開となった。

丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶には小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、吉沢亮、勝地涼、戸塚純貴、佐藤二朗、堤真一、福田雄一監督、エリザベスが勢ぞろい。

舞台上にラインナップした豪華キャスト陣たちは、小栗の発声で全員一緒に声を揃えて「本日は、宜しくお願いしま~す!」と『銀魂』恒例の挨拶を。「映画は楽しんでいただけましたか?」との質問には、
大きな拍手で返事が。「皆さんにやっと、パート2を観てもらえることが出来て嬉しいです」と小栗。監督は「僕みたいな監督の元に素晴らしいキャスト、スタッフの方々が集まってくれて。昨晩、映画公式Twitterの“本日、公開!”の文字を見て部屋で一人、(嬉しくて)泣いちゃいました」と奇跡が重なり合い実現された本作の制作期間を振り返り、公開を迎えた喜びを噛みしめる。

今回の舞台挨拶が初登壇となった堤は「実は、昨日観ながら…ちょっと早送りしちゃって…」と衝撃の事実を暴露!まさかの告白で場内の笑いを誘い、続けて「三浦くん(伊東)と勘九郎くん(近藤)の後半のシーンとか本当にかっこよかったですよ」とコメント。

今回実写化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラで、 最も笑える“将ちゃん”こと、江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を融合させたまさかのハイブリッド作品!映画の物語は、前作同様かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先でなんと天下の将軍様と遭遇する羽目に…!同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中が大騒動に!そんな最大の危機に万事屋、銀時は立ち向かっていく。

描かれる物語にちなみ、“撮影中にこんな接待をした!というエピソードはありますか?

または、自分だったらこんな接待をされたいなどありますか?”と尋ねられると「なんかあったかな…。大阪で串カツをみんなで食べに行きました…が、それはどちらかというと、プロデューサーさんに接待してもらいました(笑)」と小栗。

菅田は「僕、吉沢くんに服を捕られました!」との珍事件エピソードを披露。

「すっごい寒い日だったんですけれど、僕が着ていたカーディガンを“それ良いっすね”って言い出して…そしたら、そのまま着て帰っていっちゃんたんですよ!」と菅田。

そんな菅田の話に「あの人に聞いたら、いいよって言ったから!」と吉沢。

可愛らしく小競り合いを始め、そんな2人の様子を見ていた小栗は「ホテルまで歩くと少し距離があったのですが、すっごく寒いのに、カーディガンを捕られて(笑)菅田くんが、Tシャツ姿で寒いってずーっと言ってて(笑)吉沢くん、隣に居るのに上着返さなくって…(笑)」と笑みを溢しながら思い出し笑いを。

「“すごく寒い!!”ってずっと言ってるなって思ってた」との吉沢の独特な応じは、綺麗な容姿とは裏腹に“ドS”な性格の沖田との親和性が垣間見え、来場者たちから“まんま沖田じゃん”とつぶやく声が。

“ムービー・スターになる!”と撮影中に、宣言していた柳楽は「本当にムービースターを目指していて、我らが座長・小栗さんを見ていると、人柄とか器のデカさを感じて、軽々しく言ってはいけないと思いました。地道にがんばります!」と撮影期間を振り返りコメント。

“男同志の絆”“友情”が話の軸を握り、大きな見どころとなる本作。既に映画を鑑賞した人々から“伊東が泣けた!”という感想が多く寄せられていることについて、演じた三浦は「僕自身、演じていても、観ていても後半の部分は“グッと”来てしまいました」とコメント。

キレッキレのアクション、神楽の共闘シーン、そして名ゼリフに悶絶するファンが続出している沖田を演じた吉沢自身が思う名ゼリフは?との問いかけが。

その質問に原作・アニメで人気の“あの名ゼリフを生で聞ける!”と場内の期待が膨らむが、吉沢の口からはまさかすぎる“別の名珍シーン”のセリフが!想定外の答えにキャスト一同大笑い!

思わず「真選組(のメンバー)ってアホなのかな?」とのツッコミも飛び交い、笑い止まらずの状態の中、更には柳楽に異変が…汗をかきすぎた柳楽が頭にバンダナを巻き始め「フォーマル“トッシー”(笑)」と場内の笑いを誘い、自由すぎるトーク展開で実写版『銀魂』らしく舞台上がカオスな状態に!

キャストたちの念願の夢であった“将軍と遊びたい!”との強い思いが今回叶い、将軍接待篇の笑いパートにおいて、絶妙な演技で笑いを生み出した勝地の名演について話題が移ると、小栗から「続編があるならば…今度は、雪山のエピソードが良い!将軍をスノーボードに見立てて乗りたい!」とのリクエストが。

「んん…えーっと、極寒だからな…ちょっと」と思わず勝地は苦笑い。

鑑賞者たちからの絶賛の声はもちろん、撮影現場での勝地の名演っぷりにそれぞれ笑いを含んだコメントをしていると、「極寒の中、外を裸で走り回るシーンの撮影をしたのに、映画が完成したら全編カットだった!」と勝地は残念な裏話を明かし、続けて「将軍はすごく人気のキャラクターなので少し不安もありました。

勝地の将ちゃんを愛してくれましたか?」と問いかけると場内から大きな拍手で返事が。

場内の温かな空気に勝地は安堵した様子。

戸塚は「皆さん(来場者)の熱量が本当にすごいですね!」と初登壇となった感動を口にし、「山崎が原作の中でも大好きなキャラクターだったんです。“真選組動乱篇”だからこそ、いつもはギャグばかりの山崎の普段は見せない姿が見せられるので、演じられて本当に嬉しかったです」と改めて本作出演への喜びを語り、監督を始め、小栗たちからの煽りを受けて山崎の名場面!?から「寝てるぅぅぅぅぅぅうう!」との名ゼリフ?を勢いよく叫び、場内を沸かせた。

ずっと役柄が不明で通され、先日の完成披露でも“出てないかもしれないと思った”と発言していた佐藤が「僕はいたずらで情報解禁を最初にするって言われたんです。ワーナー・ブラザースからコメントをもらえないかって言われて。“俺の役は神楽しかない”って冗談で言ったら、世の中には本気にする人も居て。Twitterとかで“橋本環奈さんが神楽役じゃなかったら、観ません”とか怒りのメッセージが届いたりして…僕自身、“本当に出来るわけないだろ!”ってツッコんじゃいました」と笑顔を見せると「衣装合わせもしたもんね」と福田監督。

その衣装合わせについて「私、全然知らなくて。突然、佐藤さんの衣装合わせの写真が送られてきて…しかも、本当に私が前作の撮影で着た衣装なんですよ!驚きました!」と橋本。

前作とは異なる役柄で出演することとなった佐藤だが次回作があったらどんな役が良いか?と問われると、「今度こそは、神楽ですね…橋本環奈とはまた違った色気のある神楽を演じます」と再び、場内に笑いをもたらした。

本作のテーマはズバリ“掟は破るためにこそある”ということで、出演者の中で “掟破り”だと思うのは?との質問に「やっぱり小栗くんじゃないですかね」と監督。

続けて「途中から急にテンションがおかしくなっているんですよ。床屋でのバイトのシーンの、新八の吐いたぁぁぁぁぁああああ!“からテンションが突如おかしくなって、急に“中尾彬”さんみたいな人が演技に入ってきて(笑)

そもそも新八のツッコミのテンションも、おかしいんですけどね(笑)」と撮影時を振り返ると、「だって、俺が知っている目じゃなかったんですもん!」と菅田が再び、思い出し笑い。

特殊メイクを施した勝地の顔が引っ張られる名珍シーンの撮影については、小栗自身やりすぎたようで「本当に楽しかったですね。本当は将軍を“強く引っ張りすぎちゃダメ!”って言われていたんですけれど、撮影していたらなんか止まらなくなってしまって。本当に…面白かった」と。

笑われる当事者となった勝地からは「中は無表情だよ。僕は(特殊メイクで)何も見えなかったから…何が起きているかわかんなかった(笑)」との撮影時の心情が語られ、また大きな笑いを誘った。

最後は、公開を記念して「平成最後の夏は“銀魂”‼」の言葉と共に来場者と一丸となって“銀魂”(銀のくす玉)を2つ盛大に割り、盛り上がりを見せる中、小栗が「本日はありがとうございます。こんな感じの(この舞台挨拶みたいな)映画です(笑)1よりも2が面白かったねって言ってくれたら…もしかしたら、3が出来るかもしれない!どんどん愛を育んでくれたらいいなと思います」とまさに“銀時らしい”アツい想いを秘めたメッセージが贈られ、イベントは幕を閉じた。

全国 346 館(470 スクリーン)で超特大公開された本作は、大ヒットを遂げた前作の勢いそのままに、今年も夏休み映画の大本命として特大ヒットスタートをきった。

敵と味方を超えた絆、超破格のスケールで繰り広げられる怒濤のアクション、そしてなんといっても、普段は敵対する真選組でも、腐れ縁の彼らのためにいざという時には一肌脱ぐ“真のヒーロー”坂田銀時の男気の魅力―。

今回も一線を超えた(!?)掟破りのパロディが随所に登場するなど、映画版ならではのオリジナリティを絶妙にミックス!

「銀魂」史上最もアツく、最も笑えるエピソードで、今年の夏も、もっと笑って、もっと泣いて、もっとアツくなる!

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が遂に公開!

是非、劇場でお早めにお楽しみください!

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会

関連リンク

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

タイトルとURLをコピーしました