Shuta Sueyoshi 地元長崎で圧巻のパフォーマンス!!

スポンサーリンク

今年で17回目を迎え、これまでの観客動員数は580万人を超える国内最大級の音楽フェス「a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル」が8月4日、長崎・ハウステンボス内 ロッテルダム特設会場で開催された。

倖田來未、Shuta Sueyoshi、SUPER JUNIOR-D&E、Da-iCE、超特急、MAG!C☆PRINCE、lol-エルオーエル-、SOLIDEMO、FREAKら9組が出演し、石橋陽彩、九星隊(ナインスターズ)、FAKYがオープニングアクトとしてステージを盛り上げた。

地元、佐世保で圧巻のパフォーマンスを飾ったのはShuta Sueyoshiだ。

1曲目には、ソロ活動本格化後、初めてリリースした「to.ri.ca.go」で会場を盛り上げた。全6曲を披露し、

MCでは会場のお客様の熱中症を気遣い、

「強制で一緒に乾杯しませんか?

僕も飲むんで。
みなさんのみものもってます?
じゃあかんぱいしようか
せーの 「かんぱい!」」

と会場の一体化を促した。

また、地元でのライブということもあり、
「長崎県佐世保市が地元でして、こういう形で凱旋ライブができて光栄です。改めてありがとうございます。」
と喜びと感謝を語った。

セットリスト
M1 to.ri.ca.go
M2 Let it ride
M3 Run Away
---MC---
M4 体温
M5 Can't Stop Me Now
---short MC---
M6 Switch

今年、初ソロライブツアーを開催し、ファイナルで日本武道館公演を成功させたShuta Sueyoshi。

8月1日には「Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2018 -JACK IN THE BOX- NIPPON BUDOKAN」
のDVD&Blu-rayがリリースされた。
http://avex.jp/ss/news/detail.php?id=1062006

来年2月からは全国ツアーの開催が決定している。
これからの活躍に期待のアーティストだ。

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする