AKB48向井地美音がエレキギターに挑戦! SKE48古畑奈和は自らの髪をはさみで断髪、須田亜香里が松井珠理奈の名前を言う場面も! AKB48 グループ感謝祭

8月2日、AKB48世界選抜総選挙で選抜メンバーとして16位から2位に入った15名が出演する『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』2日目が横浜アリーナにて開催された。

●断髪、生バンド、話題曲…15名が自ら企画・演出したソロパフォーマンスを披露!!

コンサートでは初披露となる総選挙選抜シングル「センチメンタルトレイン」が1曲目を飾り、須田亜香里が「48グループの勢いを感じられるコンサートに!」と宣言しての幕開けとなりました。

ランクインコンサートの醍醐味として、選抜メンバーは、ひとりひとりがソロ曲を披露。それぞれが、ファンの皆様の為に考えてきた演出や構成で会場を盛り上げました。

SKE48古畑奈和は、クラスメイトにいじめを受ける役を熱演しながら「誰かの耳」を披露。

最後には、自らの髪をはさみで切り落とす衝撃の展開となりました。

NMB48吉田朱里は、昨年に引き続き自ら構成を考え編集したというミュージックビデオを上映しながら「キャンディー」を歌唱。ラブリーな世界観のMVと本人のパフォーマンスに、最も女子ファンが多かったと思われる吉田の推し席からは、まさに黄色い声援が送られていました。

AKB48向井地美音は、「AKB参上!」でエレキギターに挑戦。バッグバンドを引っさげ、革ジャン姿でボーカル&ギターを披露。いつもの“みーおん”とは違った表情を見せていました

これまでの感謝祭やコンサートでも、ピアノや三味線など何かと楽器に挑戦したがるとメンバーからツッコまれるグループ総監督の横山由依。今回も、期待を裏切ることなく、バイオリンに挑みました。「Everyday,カチューシャ」の印象的なストリングスを奏でようと真剣な表情でしたが、これまた期待を裏切ることなく、音がかすれるなどいまいちの結果となってしまい、本人も苦笑い。それでも演奏後には、「CDと全く一緒!」とおどけてみせ、拍手喝さいを受けていました。

AKB48(STU48兼任)岡田奈々は、自らのHISTORY MOVIEが流れる中、オーケストラをバックに「愛の存在」を堂々と歌い上げる圧巻のパフォーマンス。その眼差しは、総選挙でのスピーチで「AKB48が1位を奪い取る」と語った時と同じ力強さでした。

HKT48宮脇咲良は、「あなたの背中を見てきた。ずっとついていく」と「M.T.に捧ぐ」を「R.S.に捧ぐ」として披露。HKT48を牽引する憧れの存在へ向け、瞳に涙をいっぱい溜めながら切々と歌う姿に、会場から大きな拍手が沸き起こりました。

ソロステージのラストを飾ったのは、SKE48須田亜香里。「ブサかっこいいを目指す」とのメッセージを掲げ、「ダサかっこいい」として今話題の「U.A.S.」を「(B)U.S.A.」として披露し、時にはアイドルらしくないと言われながらも独自の道を切り開いて2位にまで上り詰めた須田らしい、笑いに満ちたパフォーマンスを届けていました。

ソロの後には、15名が再びステージに総登場。それぞれの推しメン席にメンバーが出向いて、「あなたがいてくれたから」などを歌いながら、お礼や感謝の気持ちを間近で伝え続けました。

本編のラストの「支え」では、メンバーが自らの名前を言う演出で、須田が今日のコンサートを欠席した、同じSKE48の仲間であり世界選抜総選挙第1位の「松井珠理奈」の名前を言う場面も。

ラストには、「アリガトウ」を歌いながら、横山が「みなさんが今の私たちを応援してくれる。それだけでこれまで乗り越えてこれました。これからも48グループへの応援をお願いします」と総監督らしく、今日会場にいないAKB48グループ全メンバーを代表して、感謝の気持ちを述べ、感謝祭を締めくくりました。

終演後には、メンバーがお客様をエントランスで直接お見送りし、最後の最後まで感謝の気持ちを伝え続けました。そこには、「ありがとう」や「これからもよろしく」などの温かい言葉があふれ、メンバーはコンサートの疲れも見せず、充実感と幸福感に満ちた表情を見せていました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

関連リンク

●AKB48 53rdシングル選抜総選挙 オフィシャルサイト
https://www.akb48.co.jp/sousenkyo53rd

タイトルとURLをコピーしました