約4万人の応募者の中から、AKB48 Team SH 第1期生オーディション合格者が決定!

2018年7⽉24⽇、AKB48の中国公式姉妹グループ『AKB48 Team SH』の第1期⽣オーディション最終審査が、上海メルセデスベンツアリーナTHE MIXING ROOMにて開催され、応募者数38,066名から選出された34名が合格した。

2018年4⽉10⽇から募集を開始し、三⽇間で5000⼈以上の応募を集めた本オーディションは、5⽉末の募集締切り時点で、中国内外から、38,066名が応募。書類選考による⼀次審査を経て、上海、北京、広州、成都、武漢、瀋陽の6都市で実施された⼆次審査、上海で実施された三次審査を通じ、歌唱、ダンス、楽器などの表現⼒が審査され、最終審査に進んだ62名が上海に集結し、⾃らの夢の実現のためにステージに上がった。最終審査は、ダンス審査とパフォーマンス審査が2⽇間に渡って実施され、2⽇⽬のパフォーマンス審査後に、同会場にて、約4万⼈の応募者の中から選出された34名の合格者が発表された。その中には、中国で⼤きな話題となった⼈気オーディション番組「創造101」(中国版PRODUCE101)に参加した劉念(リュウ・ネン)と⽑唯嘉(モウ・ウェイジャー)も含まれる。

今回の合格者は、契約締結後、⽇本と中国の専⾨チームによる⼀流のレッスンを受け、海外でのトレーニングも予定されている。AKB48 Team SHは、AKB48グループの運営ノウハウを中国アイドルマーケットで活⽤し、新世代⼥性アイドルグループとして展開予定。映画、ドラマ、バラエティ、ファッションなど幅広い分野で活躍し、それぞれの夢を叶えられるグループを⽬指す。

©AKB48(China) ©AKB48(China)

©AKB48(China)

タイトルとURLをコピーしました