2.5次元俳優・輝馬、待望の1st写真集は初めて見せる「まんま」の輝馬

スポンサーリンク

7月16日、俳優の輝馬(てるま)さんの1stt写真集「T’s Photograph」(スペースクラフト・エンタテインメント)発売記念イベントが都内で開催された。

役者10年目にして待望の写真集となった本作に対し、「自分が写真集を出すことになるとは思っていなかったので素直に“驚き”でした。お世話になっている方に感謝の気持ちでいっぱいです。」と笑顔で語った。

イベントに駆け付けたファンに対しては「完全に支えです。いつも本当にありがとうございます。」と感謝の気持ちを述べた。

「『写真集を見てくれてありがとう』という僕の気持ちと『写真集を出してくれてありがとう』と言って下さるファンの方のお声で双方向の「ありがとう」が溢れていることが本当に幸せ」と語った。

写真集出した感想について「自分が写真集を出すことになるとは思ってもみなかったので、素直に「驚き」でした。でも、写真集が出せるのは、応援してくださる方やスタッフのみなさん、家族などお世話になっている方がいてこそだと思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。写真集の発売を機に、お世話になっている方に久しぶりに連絡してみたりして、ご飯に連れて行ってもたったりしています(笑)」

撮影で大変だったことについて「基本的にありません。ただ、香港にはおいしいものがありすぎて、現地のガイドの方が毎日たくさん料理を勧めて下さったので、おなかがいっぱいになってしまったのが、幸せながらに大変だったことでした。(笑)」

撮影で楽しかったことについて「香港ならではの場所に沢山行くことができたことです。北海道一周したような達成感があります。東西南北いろんな場所に行けました!香港は制覇しましたね。」

お気に入りのページについて「カメラマンさんが「素な表情や自然体の輝馬を撮りたい」といって下さって、とてもリラックスできた撮影でした。」

写真集を一言であらわすと「「まんま」ですね。変に作ることなく、写真集にはぶれてる写真とかも採用されていたり、本当に今まで見せたことがない素の顔がたくさん見られる写真集になっています。」

どんな方に見て欲しいか、「老若男女、もちろんいろんな方に見て頂きたいですが、今僕のことを応援して下さっている方に特に見て頂きたいです。家族にも見せたいですが、弟とか親には、笑われちゃうと思います。(笑)でも、この仕事を続けることを認めてくれてる人たちなので、感謝の気持ちを手紙に添えて送りたいなと思っております。」

イベントにてファンの方と触れ合って「写真集を出させてもらった僕としては「ありがとうございます」という気持ちですが、ファンの方からも「写真集を出してくれてありがとう」というお声を頂いて、この写真集を通して「ありがとう」という言葉があふれていることがうれしいです。こんな幸せなことはないなって思います。」

輝馬にとってファンとはどういう存在か問われると「完全に「支え」ですね。ありふれた答えではありますが、いることが当たり前な存在ではないと思っているので。舞台でしか僕を見たことがなかった方が初めて来てくださったりするのは本当にうれしいです。一人ひとりに支えられているなと感じます。」

先月29歳になり30歳までの目標について「年齢にこだわらない性格なんですが、やったことのないことに挑戦していきたいですね。どストレートの“きったねぇ舞台”とかに出てみたいですね。あと、これからもどんどんたくさんの人に関わりたいです。」

次に挑戦したいことについて「あの…橋本祥平のカレンダーを玄関に飾ってるんですが、カレンダーっていいですね!2か月に1回にめくるの楽しくて、意外と楽しんでます。次はカレンダーを作れたらいいななんて思います。」

ファンにむけて「ファンの方にはすっごく感謝しています。僕のファンの方はフレンドリーでユーモアのある方が多いんです。あと、輝馬がいない場所で「オフ会」をしているのを聞いたりすると、やっててよかったなと思います。これからも輝馬と共に「輝馬を好きな人たち」のこともよろしくお願いしますと言いたいです。これからも仲良く楽しく、何卒よろしくお願い致します。」

輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
輝馬
スポンサーリンク

関連リンク

輝馬 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/teruma_0606

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする