AKB48劇場 込山チームK「RESET」公演が初日!

スポンサーリンク

7⽉6⽇(⾦)、込⼭榛⾹が初めてキャプテンを務める新チーム K「RESET」公演が初⽇を迎えた。

幕が開くと、⼩嶋真⼦、倉野尾成美、込⼭榛⾹のイントロダンスから公演名にもなっている「RESET」が始まり、⼀曲⽬から、パフォーマンス⼒が⾼く揃ったダンスでチーム K らしさを感じる公演となりました。

⾃⼰紹介 MC では、峯岸みなみは「チームの半分くらいはRESET公演経験者なんですけど、私は8年前にやってたので⼈⽣いろいろありました。いろんなことを曲にのせて成⻑した姿を⾒せていきたいと思いますので、皆さん懐かしむも良し、新しむも良し、いろんな楽しみ⽅で込⼭チーム K を堪能していってください」と初期メンバーらしくこの公演にかける思いを語りました。AKB48 史上初となる姉妹で同チームに所属する武藤姉妹。妹の⼩麟が「姉がいるので若さでは負けない」と話すと、姉の⼗夢は「妹は私の昔を⾒ているようです。⼤⼈の⾊気を出していきたい。」と対抗していました。

ユニットブロックは、⼩嶋真⼦、横⼭結⾐、安⽥叶の「制服レジスタンス」から始まり、ダンスに定評のある3⼈のキレのあるダンスが光っていました。「奇跡は間に合わない」では、⼭⽥菜々美がオリジナルメンバーの宮澤佐江を彷彿とさせるパフォーマンスで観客を魅了していました。「⼼の端のソファー」は⼤島優⼦のポジションを武藤⼗夢が務め、年⻑組で安定感のあるユニット曲となりました。

ユニットあけ MC では、レッスン期間に峯岸がつけたというニックネームが披露され、湯本亜美(ゆもも)、倉野尾成美(なるみ)、藤⽥奈那(ふじっさん)のトークではお互いを知るためのクイズを出し合いました。途中 MC では込⼭榛⾹が⼭⽥菜々美のことが好きだと告⽩したり、武藤⼗夢と妹の⼩麟は家で⼀緒に練習していて、いい公演にしたいという思いを語っていました。峯岸みなみは下⼝ひななが円陣の時に「ウッホウッホホ」のゴリラ役が恥ずかしいと泣いたエピソードを話しており、その出来事でさらにチーム K の団結⼒が強くなったと語りました。

最後にキャプテンの込⼭は「なんで私がキャプテンなんだろうと、レッスン中ずっと悩んでいました。だけど、先輩たちが私に⼒を貸してくださって、後輩が私の話しを聞いてくれて、チーム K でなかったら私はキャプテンを頑張ろうと思えていなかったなと思います。こんなにみんなで助け合ってるチームになれたことが本当に嬉しいです。ステージを⾒てわかる通りパフォーマンスが良くて、⼤好きなメンバーばかりです。チーム K が⼀番いいと思ってもらえるような公演にしたいと思いますので応援よろしくお願いします。」と語りました。

最後の曲「引っ越しました」では涙を流すメンバーもいました。個性あるメンバーが集結したチーム K の今後の成⻑にご期待ください。

■峯岸みなみ

「初演した当時は、初めて組閣をした後の秋元チーム K で最初にもらったオリジナルのセットリストでした。RESET という⾔葉がぴったりはまっていて、別れとか出会いが重くメンバーにのしかかっていたので、その気持ちを曲にのせて踊っていました。その時、チーム K が再スタートをする⼤きな意味があると感じていたので、改めて確認するとセットリストや曲の良さが際⽴つのではないかなと思いました。今回も新しい込⼭チーム K を⼀から作りたいと思ったし、昔はそういう気持ちでした。」

(キャプテンの込⼭についてのアドバイスは?)
「⾃分で全てをなんとかしようとせずに、それぞれ得意分野があるメンバーにあずけて、頼りながら、⽢えながらキャプテンをしてほしいと話しました。」と話すと、隣で聞いていた込⼭榛⾹は⽬に涙を溜めて何度もうなずいていました。

■武藤⼗夢

「研究⽣の時にRESET公演に2回アンダーで出演していました。秋元チーム K はパワフルだし、メンバー間の仲の良さも伝わってきたので、チーム K は絆の K と⾔われるように、みんなで頑張っていけたらいいなと思います。」

©AKS


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする