ジャポニスム 2018 出陣祝賀会に安倍晋三内閣総理大臣、広報大使 香取慎吾らが出席!

アーティスト ニュース

日仏両政府の合意に基づき、日仏友好160年を記念し開催される、日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」(以下、「ジャポニスム 2018」)のオープニングを祝うため、2018 年 7 月 2 日(月)にジャポニスム 2018 出陣祝賀会を開催いたしました。本会には安倍晋三内閣総理大臣、ジャポニスム 2018 広報大使の香取慎吾さん、ローラン・ピック駐日フランス大使をはじめとする豪華な方々が出席しました。

会の冒頭、日本政府を代表し、安倍晋三内閣総理大臣が登場。「日本には世界に誇る文化があります。日本の文化が世界でも類を見ない多様性を持つことをジャポニスム 2018 を通して世界に広めていきたいです。ジャポニスム 2018 が成功するよう願いを込めて挨拶とさせていただきます。」と話しました。

続いて、フランス政府を代表し、ローラン・ピック駐日フランス大使が登場し、「両国は自由と愛と多くの分野で共鳴し合っていますが特に文化の部分で長い歴史を持っています。文化に対する情熱を絶やすことなく、次世代を担う若い人達にも受け継いでいってほしいです。ジャポニスム 2018 を通じて、今後の両国の繋がりが強固になることを心より願っています。」とこれまでの日仏の関係と将来にについて語りました。その後、ジャポニスム 2018 広報大使の香取慎吾さんが登壇され、「日本大好き!フランス大好き!な僕がジャポニスム 2018 に関われるなんて驚いています。また、初の個展をパリで開けるなんて恐縮ですが、一人でも多くの方に見ていただけたらと思っています。広報大使として SNS などを通して、ジャポニスム 2018 の魅力を“たくさん拡散”していきます!」と意気込みを語りました。挨拶の後、安倍総理から香取さんに法被が手渡されました。安倍総理は法被を手渡す際「法被を着てハッピーですね!!」と発言し、会場は笑いに包まれました。早速、香取さんは広報大使として、壇上の安倍総理とピック大使と SNS 拡散のため 3 人での自撮りをし、貴重な 3 ショットを撮影しました。撮影後、香取さんは「この自撮り写真はすぐに SNS にアップします!」と SNS での拡散を宣言しました。

まず、ジャポニスム 2018 特別企画から「パリ東京文化タンデム 2018」より小池百合子東京都知事が登壇し「風呂敷をテーマに東京の伝統文化や芸術などの魅力を発信するイベントをパリで行います。フランスはレジ袋を撤廃しているので、風呂敷の文化をフランスでも広めていきたいです。」とイベントについて紹介しました。

【2.5 次元ミュージカル】“Pretty Guardian Sailor Moon”The Super Live の振付を担当している TAKAHIRO さんは「セーラームーンは世界で愛される宝だと思います。それを世界で披露できるのはとても重要なことです。」とアニメ文化の世界での広がりについて語りました。

また、5 月 15 日よりスタートし、すでにパリ市民から大きな反響を得ている teamLab を代表して猪子寿之さんは「teamLabはパリでの展覧会で境界のないアートで繋がっていく世界を表現しています。現地ではオープン前から会場外に大行列ができるほど好評をいただいております。」とフランスでの感触について語りました。

「ジャポニスム 2018」では、パリ市内を中心に 50 を超える企画を、展覧会や舞台公演に加えて、さまざまな文化芸術を約 8ヶ月間にわたって紹介していきます。古くは日本文化の原点とも言うべき縄文から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介。同時に、食や祭りなど日本人の日常生活に根ざした文化をテーマにした交流イベントも開催します。また、東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本各地の魅力をパリに向け、またパリを通して世界に向けて発信。さらに日本国内における広報活動を通じて、日本文化を再発見できる機会もつくっていきます。


 

©武内直子・PNP/"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live製作委員会

©武内直子・PNP/"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live製作委員会

関連リンク

「ジャポニスム 2018:響きあう魂」ウェブサイト
https://japonismes.org

タイトルとURLをコピーしました