ドレスコーズ、新木場studio COASTでツアー完遂!さらに、ツアーファイナルの映像化が決定!!

スポンサーリンク

6月16日、ドレスコーズが新木場studio COASTにてツアー“dresscodes plays the dresscodes”東京公演を開催した。

昨年の “meme”TOUR 以来一年ぶりとなった今回のツアーでは、7都市を巡り新木場studio COASTにてツアーファイナルを迎えた。

先日発売された『ドレスコーズの《三文オペラ》』の「もりたあと(殺人物語)」の演奏でライブがスタート。志磨が登場すると1曲目に歌ったのは「シネマ・シネマ・シネマ」。その後、「Mary Lou」「さよならベイビー・ブルー」など毛皮のマリーズ時代の楽曲も披露し、詰めかけた観客を沸かせた。

また、アンコールでは『ドレスコーズの《三文オペラ》』にもゲストボーカルとして参加した小島麻由美が登場。小島麻由美の楽曲「おしゃべり!おしゃべり!」と三文オペラ収録曲「ヒモと娼婦のタンゴ」を披露した。

全編にわたって志磨自身による趣向を凝らした演出が散りばめられ、これまでとは異なる新たな一面を感じさせるライブとなった。

さらに、ツアーファイナルの模様を収めた映像商品の発売が決定!詳細の情報は追って発表される。

撮影:森好弘

■“dresscodes plays the dresscodes”セットリスト
2018年6月16日(土)新木場 studio COAST
0.もりたあと
1.シネマ・シネマ・シネマ
2.どろぼう
3.Puritan Dub
4.ガンマン、生きて帰れ
5.カノン(大砲の歌)
6.SUPER ENFANT TERRIBLE
7.Mary Lou
8.ラストワルツ
9.towaie
10.さよならベイビー・ブルー
11.ハートブレイクマン
12.恋するロデオ
13.あん・はっぴいえんど
14.スーパー、スーパーサッド
15.欲望
16.ダンデライオン

EN
17.Ghost
18.おしゃべり!おしゃべり! (ゲストボーカル:小島麻由美)
19.ヒモと娼婦のタンゴ(ゲストボーカル:小島麻由美)
20.ビューティフル

■“(dresscodes)Beggars Quintet”
志磨遼平/有島コレスケ/堀嵜ヒロキ/板倉真一/福島健一
ゲストボーカル:小島麻由美

■ドレスコーズ HP
http://dresscodes.jp

■ドレスコーズ(志磨遼平) Twitter
https://twitter.com/thedresscodes

■ドレスコーズ公式 Twitter
https://twitter.com/thedressstaff


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする