AKB48 世界選抜総選挙はSKE48 松井珠理奈1位、須田亜香里2位! 地元・名古屋でワンツーフィニッシュ!

6月16日、『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 ~世界のセンターは誰だ?~』開票イベントが名古屋ドームで行われ、立候補した339名のうち上位100位の順位が発表された。

1位の栄冠に輝いたのは、地元開催となったSKE48の松井珠理奈。第2位はSKE48須田亜香里、第3位は宮脇咲良となった。

©AKS

©AKS

●コンサートはメンバーが聴きたい楽曲で構成されたSPセットリスト!! WRD48も登場!!

ついに開票日当日を迎えた総選挙。第10回目にして、海外グループも参加し、初の世界選抜を決めるイベントとなりましたが、開票イベントの前にまずは全グループが参加してのコンサート。

世界選抜ということで、“世界のいずりな”を自称するBNK48伊豆田莉奈がステージに登場。いきなり「世界のいずりな歌謡ショー」の開催を宣言するも、地元開催で気合いの入るSKE48キャプテンの斉藤真木子が「何してんすか!」と厳しくツッコんで、正式なオープニングアクトがスタートしました。

披露されたのは、メンバーからのリクエストで決定したTOP7の楽曲。ところが7位には同率で9曲がランクインする驚きの結果に。トップバッターを務めたのはSKE48による「盗まれた唇」。松井珠理奈「今日はSKE48がみんなの心を盗むよ!」と宣言しました。

初めての参加となったBNK48とTPE48メンバ―も参加し、国際色豊かになったパフォーマンスの中、1位は「初日」とともに、チーム8の「47の素敵な街へ」が輝き、速報でも多くのメンバーがランクインしたチーム8がオープニングアクトから勢いを見せました。

続くコンサート本編は、メンバーからのリクエストが1票しか入らなかった楽曲で構成。レア曲ながら、メンバーが「歌いたい」ではなく「本当に聴きたい」という初めての試みで行われたセットリストに。

「この涙を君に捧ぐ」での久保怜音がこの曲を聴いてAKB48を目指したというように、各楽曲へ投票したメンバーの想いのこもったメッセージとしてビジョンに映し出されまれました。また、地元開催を盛り上げたいと7月4日(水)にリリースされる最新シングル「いきなりパンチライン」をSKE48が特別にメンバー全員で初披露しました。

ラストは、世界選抜総選挙記念で結成されたWRD48(WORLD48)が登場。メンバーには海外勢も加わり、BNK48のチャープランがセンターに。それぞれ世界の言葉で挨拶しながら、「恋するフォーチュンクッキー」をパフォーマンスし、世界中の48グループが集結したイベントを盛り上げました。(WRD48メンバー…チャープラン、ミュージック、ジェニス、チェンシーユエン、チウピンハン、チェンシーヤー、馬嘉伶、野澤玲奈、横山由依、小栗有以、岡田奈々、松井珠理奈、白間美瑠、宮脇咲良、荻野由佳、瀧野由美子)

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

●地元で100位以内にSKE48が24名ランクイン!! 10周年に弾みをつける結果に!!

10年の歴史を経て初の世界選抜総選挙となった今回もまた、多くのドラマが繰り広げられました。

「第10回世界選抜総選挙記念枠(81位~100位)」が新設された為、100位からの発表。そのトップを飾ったのはAKB48の大家志津香でした。バラエティで活躍する大家らしく、「大家ファンがいたことを証明できた」と茶目っ気たっぷりに挨拶し開票イベントの幕開けを飾りました。AKB48の馬嘉伶は97位にランクインし、「AKB48に憧れていましたが海外にいたので夢で終わるはずでした。でもスピーチする夢が叶いました」と、初の海外オーディションでAKB48入りをしてからこれまでの道のりを振り返りながら、喜びを噛みしめていました。

全く予想できない総選挙らしい記録も飛び出しました。AKB48の篠崎彩奈は、偶然にも3年連続の94位に。また1票差で順位が続く組み合わせ(92位のAKB48山内瑞葵15,619票と93位のSKE48水野愛理15,618票、83位のHKT48豊永阿紀17,558票と84位のHKT48運上弘菜17,557票)がありました。

42位には、これまでの過去9回の総選挙に出馬しながらもランクイン経験がなく、さらに昨年は81位でぎりぎりでランクインできなかったというSKE48の内山命(うちやま みこと)が10度目の正直でランクイン。ある意味48グループらしさを象徴する内山の姿に、会場中から各グループのファンの垣根を越えて大きな「命コール」がおくられました。

今回初参戦となった海外勢からはBNK48のミュージックとチャープランが、それぞれ72位と39位にランクイン。BNKを引っ張るエースとキャプテンが初参戦にして初当選を果たしました。かたことの日本語を交えながら喜びと感謝の言葉を述べる2人を、AKB48から移籍した伊豆田莉奈も大泣きしながら祝福、その光景に会場中からはあたたかい拍手がおくられました。

25位は、最新シングル「Teacher Teacher」でセンターを務めるAKB48の小栗有以。「プレッシャーもありましたが25位という順位(過去最高)をいただけて嬉しい」と語り、さらに「AKB48を進化させる先頭を走りたいです!いや先頭を走ります!」と、AKB48の未来を見据えていました。

13位で選抜に返り咲きした向井地美音も、まだまだ及ばない未熟な人間ですと前置きしながらも、「いつかAKB48グループ総監督になりたい」と、AKB48センター試験1位の成績で証明した誰にも負けないAKB48への愛をこれからも貫き通すことを誓っていました。

選抜には、昨年のランクインメンバーもいる中、HKT48の最新シングルでWセンターを務める“なこみくコンビ”の田中美久が10位、矢吹奈子が9位と盟友揃って初選抜入りを勝ち取りました。

48グループ総監督の横山由依は、過去最高の順位6位に。ステージでかがみこんでしまいながらも、支え続けてくれているファンのみなさんやメンバーへの感謝の気持ちを切々と語り、メンバーもその姿に心を打たれているようでした。

速報1位だったNGT48荻野由佳は、昨年から順位をひとつ上げ4位に。嗚咽を漏らしながらも総選挙史上最も早い(?)しゃべり口で語り続ける荻野の姿に、会場から不思議な笑いと祝福の大きな拍手が沸き起こりました。

3位は、HKT48の宮脇咲良。「さっしーが守ってきた1位を守れなかった…」と過去最高順位にも関わらず悔しさをにじませながらも、最後にはこれからも尊敬する指原莉乃とともにHKT48と48グループを盛り上げていくことを誓いました。

2位は、SKE48須田亜香里。その発表がされると、1位が確定した松井珠理奈と抱き合いました。雑草魂でここまで上り詰めて来た須田は、決して恵まれていなかったこれまでの道のりを振り返りながら、後輩たちに「覚悟を決めればここまで来れる」と笑顔で爽やかにメッセージを送りました。

そして、初の世界選抜総選挙1位に輝いたのは、SKE48松井珠理奈。「名古屋で総選挙が出来たのはAKBのおかげ。AKBがいるからSKEがいる。後から追いかけてくれる後輩がいるからSKEがいます」と先輩と後輩グループの存在が原動力となって10年を走り続けてきたことを告白。

さらに「やっと気づきました。48グループにまだ必要だと思ってもらっているんだな」と卒業をきっぱりと否定し、「48グループを1位にしないと気が済まない」とこれからも48グループを引っ張っていくことをSKE48の仲間たちに見守られながら語りました。

地元開催のSKE48は、珠理奈と須田のワンツーフィニッシュを筆頭に選抜に5人が入り、100位中に24名がランクイン。今年グループ結成10周年を迎える中、最高の結果をファンのみなさまとともに勝ち取った世界選抜総選挙となりました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

●松井珠理奈コメント

私をここまで連れて来てくださってありがとうございます。

名古屋で選挙ができたのはAKB48のおかげです。AKBがなければSKEはありません。そして、後から追いかけてくれる後輩たちがいるからSKEはいます。日本だけじゃない、世界にも48グループがいる。それが私たちの強みです。

本当にありがとうございます。だから大切なファンの方をがっかりさせるようなことは言いたくないけど...。私は総選挙1位がゴールだと思っていました。今1位になりました。...だから、卒業しません。やっと気づきました。48グループにまだ必要と思ってもらえてるって。本当に嬉しい。

偉大な先輩たちの近くで歌ってきたからこそ言えます。今の48グループが1番最高です。それはどんな時でも皆さんがそばにいてくれるから。何があっても私たちの近くにいてくれる。

でも、今日のみんなのスピーチを見てたら、すごいさみしそうだった。私はメンバーのさみしい姿を見たくないです。それを助けられるのはファンの皆様しかいません。だから どんなことがあってもずっとずっとそばにいてください。約束です。

これで一旦総選挙の戦いは終わりですけど、まだ私たちが戦わなければいけないところありますよね。私は本気で、AKB48グループを1位にしないと気が済まない。こんなに頼もしい後輩がいてくれるんです。こんなにあったかいファンがいてくれるんです。いま、テレビで応援してくれる方もいるんです。だからみんなを信じてお互いを信じあえば、また48グループはアイドル界のトップになれます。なりたいんじゃダメなんです。なるんですよ。

今日ここナゴヤドームで開催してもらえたこと、本当に名古屋の皆様が、愛知の皆様が頑張ってくれたからです。だから、私たちから感謝の気持ちを言わせてください。ここナゴヤドームで第10回目の総選挙をやらせていただき、本当にありがとうございます。

©AKS

©AKS

関連リンク

●AKB48 53rdシングル選抜総選挙 オフィシャルサイト
https://www.akb48.co.jp/sousenkyo53rd

タイトルとURLをコピーしました