ソニーミュージックの若手実力派アーティスト當山みれいがパワフルな歌声と激しいダンスで会場を沸かせ、ハリウッドザコシショウらソニー・ミュージックアーティスツ所属芸人がネタ披露!アキラ 100%は司会で盛り上げた!

スポンサーリンク

ソニー株式会社は、渋谷モディ 1 階の店頭プラザにおいて、2018 年 6 月 9 日(土)、6 月 10 日(日)の二日間にわたり、「The Music Experience Special Live」を開催いたしました。

渋谷モディ 1 階にあるソニーの情報発信拠点“Sony Square Shibuya Project”(日本語表記:ソニースクエア渋谷プロジェクト)は、1〜2 ヵ月ごとにテーマを更新し、エンタテインメントコンテンツと技術を融合させたユニークな体験型展示などを通じて、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供しています。5 月 24 日(木)より、ソニーミュージックのアーティストとテクノロジーが生み出す、遊び心が盛り込まれた音楽体験「The Music Experience~ソニーの音楽を体験しよう~」を実施し、その一環として、本イベントを行いました。

二日目となる 10 日には、お笑い芸人ハリウッドザコシショウやロビンフット、だーりんずが登場し、司会としてアキラ 100%がイベントを盛り上げました。また、14 歳で全米デビューし、グローバルな可能性に注目が集まる當山みれいが圧倒的な歌唱力で観客を惹きつけました。

ハリウッドザコシショウ、ロビンフット、だーりんずが渾身のネタ披露 アキラ 100%が「いつもと違ったウェイタースタイル」での MC で観客を盛り上げる!

当日ハリウッドザコシショウ、ロビンフット、だーりんずがネタを披露。生憎の雨にもかかわらず集まった観客をもてなしました。いつもと違ってウェイターの衣装を着用し、司会を務めたアキラ 100%は「久々に渋谷に来ましたが、たくさんの方が集まってくれてとても嬉しいです。」とコメントしました。

また、ステージ前には、ソニースクエア渋谷プロジェクトで実施している企画「The Music Experience ~ソニーの音楽を体験しよう~」のコジックビデオについて、「360 度全て映像で、まるでミュージックビデオの中で自分が車に乗ってるような感覚を味わえたので感動した。映像だけでもこんなに楽しいんだから、PlayStation® VR でゲームもしてみたい!」と述べました。また、だーりんずの二人はワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドホン『h.ear on 2 Wireless NC(WHH900N)』の操作について、「混雑した電車の中でもヘッドホンの側面を触って音量を調節できたりとても便利」と感想を語り、ロビンフットの二人も、ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット『Xperia Ear Duo(XEA20)』について「装着感が良くてビックリしました!」と最新の商品体験に驚きの声をあげていました。

當山みれい、パワフルな歌声と激しいダンスで会場を沸かす!

「音楽をつくることが生きがい」と溢れる音楽への想いを語る當山みれいは「My Way」や「Dear My Boo」など全 4 曲を歌い上げました。ラストの「I Wanna NO」では激しいダンスも披露し、会場に集まった観客と一体になって、盛り上がりは最高潮を迎えました。

ライブの感想を聞かれ、「昨日から雨の予報だったので不安だったのですが、たくさんの人が集まってくれてとても嬉しいです」と来場した観客に感謝の気持ちを述べていました。また、これまでの音楽体験のエピソードでは、小学 2年生から歌を習い始め、小学 4 年生の時に行った音楽フェスで、大好きな歌手のビヨンセとハイタッチをしてとても嬉しかった思い出を振り返りました。また、「音楽をつくることが生きがい。一生懸命つくった歌を好きになってもらえることが本当に嬉しいです。」と、音楽に対する熱い想いも語りました。

「The Music Experience ~ソニーの音楽を体験しよう~」では、DJ キャレドのアルバム『MAJOR KEY』と同じデザインのフォトスポット体験に、「めちゃくちゃフォトジェニックで、インスタ映えが期待できます!是非体験してみてください!」と観客への体験を呼びかけていました。

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする