AKB48 岡部チーム4「目撃者」公演が初日!

スポンサーリンク

6月12日、AKB48 岡部チーム4「目撃者」公演が秋葉原AKB48劇場にて初日を迎えた。

●AKB48新時代の⽬撃者に!

6⽉12⽇(⽕)、岡部チーム A「⽬撃者」公演が初⽇を迎えました。AKB48 劇場での「⽬撃者」公演は、約 6 年ぶりとなります。キャプテンを務めるのはチーム8 茨城県代表・岡部麟。初の兼任、そしてチーム A のキャプテンということで、緊張と気合いが本番前から伝わってきました。

ステージの照明が明るくなり、チーム A 研究⽣の庄司なぎさ、本⽥そら、道枝咲が登場。3⼈で「ミニスカートの妖精」を可愛らしく披露。劇場が暖かい空気になったのも束の間、Overtureが終わると、⽬撃者公演の特徴とも⾔える映像の演出でムードが⼀転。幕が開くと、⽩い新⾐装のコートに⾝を包んだメンバーが「⽬撃者」を歌い上げました。前⽥敦⼦のポジションには52nd シングル「Teacher Teacher」でセンターを務める⼩栗有以が抜擢されました。⻑い⼿⾜とキレのあるダンスが本公演とマッチしていました。

キャプテンの岡部は冒頭の挨拶で「初⽇を迎えられて本当にホットしています。岡部チーム Aの新しいスタートをきっています。これから私たちらしいチームを作っていきたいと思います!」と述べました。

「初⽇の意気込み」という⾃⼰紹介のお題に、横⼭由依は、「⾃分のターニングポイントになった⽬撃者公演が出来て嬉しいです。昔と今、両⽅の良さを出して、皆さんに歴史の⽬撃者になって欲しいです。」と成⻑を感じるコメントをしていました。向井地美⾳は「⾼橋みなみさんのポジションをやらせていただくので、たかみなさんばりのドヤ顔で頑張ります!」と意気込みを語ると会場からは笑いが起きていました。13 歳の鈴⽊くるみは「最年少なのでフレッシュさは忘れずに、⼤⼈っぽさを出していくので⾒ていてください!」と述べました。

ユニットブロックは、「愛しさのアクセル」を後藤萌咲と下尾みうの2名が抑揚のあるダンスを魅せました。ライトセーバーを⾼橋みなみが振る演出が特徴的ですが、新たな振り付けに変更し、難易度の⾼いダンス曲となりました。途中の MC では宮崎美穂が「みうちゃん(下尾)のダンスが好きで、可愛いし良い!」とベタ褒めしていました。4 ⽉1⽇に⾏われた単独コンサートのミニゲームでチーム A が初⽇の豪華弁当を勝ち取ったことを篠崎彩奈が思い出し、昨⽇スタッフさんに頼んだおかげで今⽇は豪華な焼⾁弁当が届いたと喜ぶシーンもありました。本編最後に⼩栗は、「私たちには、全員それぞれ夢があります。今、何をしているんだろう。今、やれることってなんだろうと時々考えます。でも、私たちはゴールに向かって伸びている道を歩いていきます。」と述べ、本編最後の「命の意味」を歌いました。

「これからも 16 ⼈の本気を⾒せていきます」と最後の挨拶で岡部は伝えました。キャプテンを⽀える先輩や後輩、同期のチーム8、チーム A メンバー全員で作り上げており、昔の⽬撃者公演とはガラッと変わった印象の公演になっています。新たな挑戦をしている AKB48 の⽬撃者になれる公演です。今後の展開にも注⽬して頂ければと思います。

<岡部麟、横⼭由依コメント>

岡部麟「チーム A が AKB48 を引っ張って⾏かないといけないという意識を持っています。歴史のあるチームなのでキャプテンをすることにプレッシャーがありました。すごくタイトな中でレッスンをしていたことや、⾃分もレッスンに参加出来ないことで、こうしたいというキャプテン像があったけど、思うように出来ませんでした。今まで強がっていたけど、チームのキャプテンは⼤変だと思ったし、チーム8から兼任していることもあるので、たくさん頑張らないといけないと思いました。」と堰を切ったように流れる涙を拭いながら語りました。

横⼭由依「いろんなキャプテンを⾒てきたので、キャプテンは形にとらわれなくて良いと思っています。麟ちゃんは意⾒を⾔うというより、先輩や後輩メンバーのサポートも受けながらやっている感じがするので、すでに麟ちゃんらしいキャプテンが出来上がっているなと思います。全員でイチからチームを作るのは⾯⽩いし、私もキャプテンではなくなったので、麟ちゃんをサポートする側になるがすごく楽しみです。」と述べ、最後に岡部に対して「チームはみんなで作っていくから⼤丈夫だよ。」と優しく声をかけていました。

©AKS

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする