米津玄師、『Lemon』 Music Videoが1億回再生を突破!

スポンサーリンク

米津玄師『Lemon』Music VideoがYoutubeで1億回再生を突破した。

米津玄師のMusic Video1億再生超えタイトルは、楽曲『アイネクライネ』に続いて2作品目。

DAOKO×米津玄師「打上花火」を含むと、 3作目となる。

3月14日にリリースされた『Lemon』は、 TBS系 2018年1月クール 金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされた楽曲。『Lemon』の持つ“死=喪失を想う”というレクイエムの世界観と、ドラマの内容が響きあい、オンエア当時からその一体感にハマるリスナーが続出した。ドラマ放送後も、異例のロングヒットを記録し、 4月には累計100万DLを突破。

日本レコード協会からはアナ雪「レット・イット・ゴー」などの記録を更新した「【史上最速】100万DL達成作品」(シングルトラック・2018年4月30日付)として認定され、オリコンデジタル(単曲)ランキングでは【史上初】ミリオン越えを記録。また、「Billboard2018年上半期ランキング」1位を獲得している。

今もなお各配信サイトのランキング上位に君臨しており、米津玄師を代表する名曲の1曲として支持を得ている。

そんな『Lemon』のMusic Videoは2018年2月27日公開され、わずか13時間で100万再生を達成。

その後も凄まじいスピードで再生回数は伸び続け、公開より105日間(6月11日時点)でYouTubeにて1億回再生を突破した。

海外からのアクセスも日に日に増え、 YouTube上での人気音楽をランキング形式にまとめた「YouTubeチャート」で、「アーティスト」「ミュージックビデオ」「楽曲」の主要3項目で1位を独占(※5月14日よりスタート)。

『Lemon』は「楽曲ランキング」で2週連続1位を獲得し、根強い人気が海外にも広がっている。

また、米津玄師の作品は、「Lemon」以外にも「LOSER」、「ピースサイン」、「灰色と青(+菅田将暉)」などがダウンロード、動画再生数ともに向上。「Lemon」のヒットを通じて、過去作品の掘り起こしが起こっているようだ。

米津玄師が現在公開しているMusic VideoはYouTube上で10億回以上の総再生回数を誇り、楽曲だけでなく、映像作品としても高い評価を集めている。

■『Lemon』 Music Video
https://youtu.be/SX_ViT4Ra7k

■米津玄師 最新リリース情報
米津玄師 New Single 『Lemon』
発売日:2018年3月14日(水)

レモン盤(初回限定):CD+レターセット ¥2,000+税 / SRCL-9745~9746
映像盤(初回限定):CD+DVD ¥1,900+税 / SRCL-9747~9748
通常盤:CD only ¥1,200+税 / SRCL-9749

<Digital>
【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1354291125?at=10lpgB&ct=4547366354904_al&app=itunes
【レコチョク】 http://recochoku.com/s0/kenshiyonezu-lemon-disc/
【mora】 http://mora.jp/package/43000001/4547366354904/

<収録内容>
-CD-(全形態共通)
1.Lemon
2.クランベリーとパンケーキ
3.Paper Flower

-DVD- (「映像盤(初回限定)」のみに収録)
[ LIVE I 米津玄師 2018 LIVE / Fogbound 2018.01.10 日本武道館]
砂の惑星 / 春雷 / LOSER / ゴーゴー幽霊船 / 爱丽丝 / ピースサイン / 打上花火 /灰色と青(+菅田将暉)
[ Music Video ]
春雷 / 灰色と青(+菅田将暉)

■最新LIVE
米津玄師 2018 LIVE
会場:千葉県 幕張メッセ 国際展示場ホール1~3
日程:2018年10月27日(土) OPEN 16:30 / START 18:00
2018年10月28日(日) OPEN 15:30 / START 17:00
(ライブの正式タイトルは未決定となります)

■プロフィール
米津玄師(ヨネヅケンシ)
ハチ名義でボカロシーンを席巻し、 2012年本名の米津玄師としての活動を開始。
その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。 2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間チャート1位、 iTunes週間チャート1位、 Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、 2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。
2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、 9番目の芸術~」公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。
2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、 iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。 6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。 iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。 8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュースし、「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表した。 11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間チャート1位、 iTunes週間チャート1位、 Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。
2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろし“ミリオン”セールスを記録。「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。日本レコード協会にて「史上最速」の100万DL認定。 Billboard上半期ランキング1位と、日々記録を更新し続けている。今年の米津玄師の勢いはまだまだ止まらない。

■オフィシャルHP
http://reissuerecords.net/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする