劇場を愛する村山彩希をキャプテンとするAKB48 新チーム4が本格始動!

6⽉6⽇(⽔)、村⼭彩希がキャプテンを務める、AKB48 チーム4「⼿をつなぎながら」公演が初⽇を迎えた。

幕が開くとチーム4カラーである⻩⾊いチェックスカートの新⾐装で「僕らの⾵」がスタート。

タンバリンを笑顔で振り、メンバー全員が公演を⼼から楽しんでいました。

「アー!マンゴーNo.2!」と⼭内瑞葵の掛け声で2曲⽬が始まり、フレッシュな全⼒ダンスが印象的でした。

⾃⼰紹介では、村⼭彩希が「今⽇の公演は楽しむ以外は何も考えてません!皆さんにはチーム4の箱推しになってもらうので、覚悟しておいてください!みんなの魅⼒をガンガン出していきます。」と⾃信を持ってチームを紹介。

坂⼝渚沙は「チーム4ではセンターを狙っていきます。」と新チームでの意気込みを語りました。

ユニットブロックの「Glory days」では、チーム4研究⽣の⿊須遥⾹、吉橋柚花、多⽥京加、⽯綿星南がバックダンサーとして登場。

AKB48 劇場のステージに初めて上がったドラフト3期⽣のメンバーもおり、緊張しながらも全⼒で踊っていました。

岡⽥奈々の歌い出しでしっとりと始まった「この胸のバーコード」では、⼤森美優、⼤⻄桃⾹とともに⼤⼈の雰囲気で会場を包み、「⾬のピアニスト」では、村⼭が安定感のあるパフォーマンスと表情で客席を魅了しました。

岡⽥奈々は途中 MC で、5年前にこの公演をやっていた時、当時キャプテンだった峯岸みなみが今の⾃分の年齢と同じになっていることに時の流れを感じたと⾔います。

⼤森美優は「公演が出来ることは簡単なことではなく、私たちを⽀えくださり、待っててくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。私たちから、1⼈1⼈に気持ちを届けるので、受け取ってください。」と想いを伝え、本編最後の曲「⼤好き」を全員で歌いあげました。

村⼭彩希はアンコールの MC で「これからいろんな課題を改善しながら、いい公演を作っていきたい」と想いを伝えました。公演最後の曲「遠くにいても」では、涙を流すメンバーもいました。

岡⽥奈々は最後の挨拶で初⽇を迎えるまでいろいろなことがあったと⽬に涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝えました。

キャプテンの村⼭彩希は、「チーム4をいいチームに絶対します!まずはこの劇場からチーム4の良さを知ってもらえるように、お客さまに気持ちが伝わるパフォーマンスをしていきたい。」と⼒強く語りました。

©AKS©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

タイトルとURLをコピーしました