HIRO、⼭下健⼆郎、岩田剛典、⽩濱亜嵐、⻘柳翔、柄本時生、濱田龍⾂、 LiLiCo、別所哲也ほか豪華ゲストがオープニングセレモニーに登場! ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018ついに開幕!

スポンサーリンク

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、映画祭開催に先駆け、2018年6月4日(月)に渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにてオープニングセレモニーを開催した。

レッドカーペットが敷かれた会場にまず登場したのは、本映画祭代表である別所哲也、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさんの2人。ステージに⽴った別所は、記念すべき20回目の開催を迎えた映画祭について聞かれ「皆さまに支えられてここまで来れました。記念すべき年に過去最多となる、130以上の国と地域から10,000を超える作品の応募がありました!」と喜びのコメントを述べ、「皆さまと一緒にこの映画祭を盛り上げていきたいと思います!SSFF & ASIA2018スタートです!」と会場を沸かせつつ映画祭の開幕を宣言した。

本セレモニーでは、グランプリが発表される6月17日(日)のアワードセレモニーに先駆け、計8つの賞の発表・表彰及び、映画祭と企業によるショートフィルム制作プロジェクトの完成発表などが⾏われた(詳細は次頁ご参照)。各部門の優秀賞作品の発表に会場全体が沸き⽴つ中、中央のレッドカーペットには、『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project』のエグゼクティブプロデューサーのEXILE HIROさん、出演者の⽩濱亜嵐さん、⻘柳翔さん、フェスティバルナビゲーターもつとめる三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEより⼭下健⼆郎さん、岩田剛典さんの姿が。会場を埋め尽くす約700人からの大きな拍手に包まれながら、シックな⿊のスーツに⾝を包んだ5人はレッドカーペットを通りステージに登場。本映画祭とのコラボレーションプロジェクト「 CINEMA FIGHTERS 」のプロデュースを務めるEXILE HIROさんは、「ウタモノガタリ」について「新しい音楽の聴き方を表現していると思う。素晴らしい監督達によって、素晴らしい詩が⾊々な形に料理された作品になって、すべてが新しいものづくしですごく刺激を受けた。どんどん継続していきたいと思います。」と作品に対する思いを語り、今後の展開にも期待できるコメントを残した。また、 同プロジェクトの1作品『アエイオウ』に出演をしている⽩濱亜嵐さんは、共演者の奥田瑛二さんと安藤桃子監督との撮影現場について「終始安藤家に囲まれた撮影で、夜も一緒に食事などに⾏き交流を深め、家族の一員でした。」と笑顔で答えた。また、様々な映画賞を受賞している石井裕也監督がメガホンをとった『ファンキー』に出演している岩田剛典さんは、「⻤才という⾔葉がこれほど似合う監督はいない」と絶賛し、「撮影中“ファンキー”という⾔葉を連発していて、“本当にそれ、ファンキーだと思ってるの?”と、すべての判断基準が、(作品名でもある)ファンキーかどうかで、とても刺激的な8日間でした。」と、監督との撮影エピソードを披露した。

アワードの表彰式では、VISIT JAPAN大使として活動しているコシノジュンコさんが「インターナショナル観光映像大賞」のプレゼンターとして登壇し、大使としての活動について問われ「2020年の東京オリンピック・パラリンピックという素晴らしいイベントが目の前にあります。東京だけでなく、日本のオリンピックとして日本中の皆さんで盛り上げて、日本中の街に観光に来て頂きたい」と日本の魅⼒の伝統師としての思いを語った。また、「ブックショートアワード」では、昨年の同賞受賞作として製作された『王様の選択』が紹介され、本作品の監督、俳優陣が登場。主演を務めた柄本時生さんは、作品について「わかりやすいコメディです。楽しく⾒ていただけるかなと思います。是非⾒に⾏ってみて下さい。」とコメント。エイベックス・デジタルとSSFF & ASIAがタッグを組んで生まれた企画コンペティション「avex digital AWARD」では、昨年受賞作『ブレイカーズ』が紹介され、若⼿俳優の濱田龍⾂さんらが登壇。濱田さんは「“LIFE is short“⼈生は短いので、やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいと思います。」と同世代の方々にメッセージを送った。

セレモニーのフィナーレでは、ゲストがステージに勢ぞろいし、「目いっぱい(本映画祭を)楽しんでいただきたい!ぜひ皆さま足をお運びください!」と、本映画祭とともに20年の時を駆け抜けてきた別所からの熱いメッセージにて本セレモニーは幕を閉じた。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」では、期間中、表参道ヒルズスペース オーなど都内8会場で、アワードに選ばれた作品を含む約250作品が上映される。ショートフィルムにまつわる各イベントも開催し、一部イベントを除きすべて無料で楽しめる。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」 は6月4日(月)〜24日(日)まで、東京8会場にて開催。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 概要】

■開催期間:2018年6月4日(月)〜6月24日(日)

■上映会場:東京 計8会場予定
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。

■オフィシャルサイト: http://www.shortshorts.org/2018

■主催:ショートショート実⾏委員会 / ショートショート アジア実⾏委員会

タイトルとURLをコピーしました