キングレコード新部署、キング・アミューズメント・クリエイティブ本部のコンベンションに所属の豪華アーティストが大集結!

スポンサーリンク

キングレコード新部署、キング・アミューズメントクリエイティブ本部の関係者向けコンベンションが3月9日にEX THEATERで行われ、所属の豪華アーティストがパフォーマンスを行うなど賑わいを見せた。

キングレコードは、2月1日付にて組織再編を行い、アニメ関連の映像・音楽や声優・アニソンアーティストといった事業を行ってきた二部署“スターチャイルドレコード”と“第三クリエイティブ本部”を統合。新部署「キング・アミューズメント・クリエイティブ本部」を立ち上げた。

今回行われたコンベンションは新部署立ち上げを記念して開催されたもので、関係者約700名が招待された。

冒頭、キングレコード代表取締役重村社長がステージへ登壇。今回の組織再編について、「昨今、アニメを取り巻くあらゆる変化が生じてくる中、ここ数十年でそれぞれ進化した二部署を統合することで、アニメビジネスが更なる拡大強化路線につながるであろうと判断し、大きな変化にチャレンジしていこうと踏み切った」と述べた。

そして、続けて現在放送中のTVアニメ「うたわれるもの偽りの仮面」、「亜人」、「昭和元禄落語心中」や、4月より放送の「ニンジャスレイヤー フロムアニメイション」、「坂本ですが?」に加え、更に夏以降のラインナップ映像も特別にお目見えするなど、新部署としても多くのアニメ作品へ携わることが発表された。

コンベンション後半では、所属アーティストの中から、林原めぐみ、水樹奈々、angela、宮野真守、ゆいかおり、上坂すみれ、小倉唯、水瀬いのりが次々と登場し、それぞれパフォーマンスを披露。

その豪華なステージに、会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こっていた。

又、パフォーマンス後に出演アーティストが一堂に会したステージ上では、3月1日より同部署に新たに加入した蒼井翔太が紹介され、登壇。「皆様が笑顔になれる、そして幸せになれるような夢を、演技や歌を通してお届けできるように精一杯頑張りたいと思っております」と意気込みを語った。

最後に各アーティストからも新部署に対する各々の想いが語られる中、水樹からは「本当にここでしか作れない音楽がたくさん詰まっているなと感じました」とあり、続けて林原からは「そこに歌がある限り、歌っていくんだと思います」という熱い言葉が並んだのが印象的だった。

3月12日にはゆいかおりが、翌13日には蒼井翔太が日本武道館で、4月9・10日には水樹奈々が東京ドームでライブを行うなど、早速大きな動きを見せている新部署“キング・アミューズメント・クリエイティブ本部”。

これまで同ジャンルではあるものの、時には同じアプローチで、時には違うアプローチで、アニメ・声優業界やファンに影響を与え続けてきた二部署の統合に、激震が走ったことは間違いない。しかし、「キングレコードのアニメ部署」として一枚岩となったことで、これまで以上の飛躍と、はたまた業界全体の更なる活性化までも担ってくれるのではないかという勢いを感じた、そんなイベントとなった。

KING AMUSEMENT CREATIVEホームページ:http://king-cr.jp/


写真・江頭はんな(SHERPA+)

情報提供:キングレコード

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク