廣瀬智紀×川栄李奈 W主演舞台 「カレフォン」タイトル・ビジュアル解禁!作・演出 鈴木おさむ 舞台化&漫画化 同時展開

スポンサーリンク

2018年10月、鈴木おさむ作・演出による新作舞台のタイトル・ビジュアルがいよいよ解禁。タイトルは、舞台「カレフォン」。鈴木おさむ書下ろしとなる本作は、舞台化することが決定した後、現在、講談社とpixiv社によるアプリ漫画サービス“Palcy”で連載が5月よりスタートしている(鈴木おさむ原作/丹沢ユウ漫画)。公演は、10月4日(木)より、東京ほか、大阪、広島、川越、仙台、北海道・七飯町、札幌の全国7都市にて上演する。

切なく泣けるラブファンタジーとなる本作に、廣瀬智紀が藤原駿役、川栄李奈が結城茜役として、W主演で挑む。その他、会社の社長の息子である長瀬陸役を戸塚純貴が、茜の同僚・花田裕美役を柳美稀が、そして、嫌みな上司・玉木健一役を山崎樹範が演ずる。何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OL・茜の目の前に、突然昔のスマホ現れたのは、死んでしまったはずの元カレだった。大好きだった駿が現れ、茜は少しずつ前を向いて歩きだす・・。

また、今回、自身初となる大塚愛による主題歌書き下ろしが実現。切ない“泣き恋”舞台を音楽で盛り上げていく。

公演は、2018年10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアターほか、27日(土)・28日(日)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、31日(水)広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ、11月3日(土)埼玉・ウェスタ川越大ホール、6日(火)仙台・電力ホール、11日(日)北海道・七飯町文化センターパイオニアホール、13日(火)北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)の全国7都市で上演。チケットは、6月1日(金)より、全国一斉先行販売開始。その他、詳細は公式HP( http://www.krph.jp )にて要チェック!

スポンサーリンク

<舞台「カレフォン」概要>

【タイトル】舞台「カレフォン」

【出演】 廣瀬智紀 川栄李奈 / 戸塚純貴 柳 美稀 山崎樹範

【作・演出】鈴木おさむ 【音楽】大塚 愛

【公演日時】2018年10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアター

スポンサーリンク

10月27日(土)13:00/18:00開演・28日(日)12:00/17:00開演 大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

10月31日(水)19:00開演 広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ

11月3日(土)18:00開演 埼玉・ウェスタ川越 大ホール

11月6日(火)19:00開演 仙台・電力ホール

11月11日(日)18:00開演 北海道・七飯町文化センター パイオニアホール

11月13日(火) 19:00開演 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

スポンサーリンク

【チケット】全席指定 \8,500(税込)※東京・大阪・広島公演 ※他、都市によって異なる

【チケット発売】先行発売:6月1日(金)~/一般発売:7月22日(日)~ ※詳細は公式HPまで

【HP】http://www.krph.jp 【企画・製作】 エイベックス・エンタテインメント

<あらすじ>

茜は、派遣OLとして働くが、職場では上司に嫌味ばかり言われたり、うまくいかない。「生きていても楽しくない」そんなことを思ったある日、クローゼットにしまってあった古いスマホが、突然鳴り出す。使っていないはずの電話から聞こえたのは、2年前に病気で亡くなった恋人、駿の声だった。

彼のことを忘れようと必死だった茜の前に、スマホとなって現れた元カレ。彼のおかげで、少しずつ前を向いて生きようとする、茜の一生懸命な姿に社長の息子で次期社長の陸から好意を抱かれる。

生きる実感のなかった茜と、茜を取り巻く人々が一歩ずつ動き出す…!

タイトルとURLをコピーしました