INNOSENT in FORMAL、SUSHIBOYS、Lucky Kilimanjaro、ヘンショクリュウを迎えてリリースパーティー開催!

INNOSENT in FORMALが6月9日に下北沢SHELTERで開催するリリースパーティ「〜Dirty hurry〜」のゲストアーティストにヘンショクリュウが追加発表された。

既に発表されているSUSHIBOYS、Lucky Kilimanjaroと合わせて全3組のゲストアーティストが出揃った。

この公演は4月25日にリリースされた1st ミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』のリリースパーティー。チケットは各プレイガイドで販売中。

また、Twitterではバンドについての物語を読むことができる小説を展開中。

https://twitter.com/innosent_novel


【リリース情報】

<ミニアルバムCD>

■タイトル:『INNOSENT 0 ~The night late show~』

■発売日:2018/4/25(水)

■品番価格:NBPC-0053 ¥1,944(税込)

■レーベル:No Big Deal Records

■収録楽曲

1. Introduction

2. Footloose

3. I wanna...

4. Night cruising

5. One for you

6. 日向が少ないこの街で

7. Sex, Drug&Rock'n' Roll

8. Slow dance

【ライブ情報】

6月2日(土) 愛知 SAKAE SP-RING 2018

6月3日(日) 岡山PEPPER LAND 出演者: THE PINBALLS

6月5日(火) 大阪 アメリカ村CLAPPER 出演者: Ryu Matsuyama / MOP of HEAD (OA: WOMAN)

6月9日(土) 東京 下北沢SHELTER 出演者: SUSHIBOYS / Lucky Kilimanjaro / ヘンショクリュウ

【Profile】

INNOSENT in FORMAL ~Epilogue~

21XX年 In NEO TOKYO

この物語は、閉館前夜の古びた映画館から始まった。

映画館の支配人である老人が地下室で偶然見つけた「謎のフィルム缶」それに運命を感じた老人が、旧式の映写機にフィルムをセットすると映写幕には、かつて一世を風靡したサーカス小屋出身のバンドが旅をしていくアニメーション映画が投影された。

老人が初めて観るその映画に夢中になっていると突如として映画の中から霊魂のようなものが勢いよく飛び出し、瞬く間に眩い光が館内を包み込んだのだった。

光に視界を奪われた老人の目が慣れてくると映写幕の前にいるはずのない4人の怪しい男達が立っていた。

何を隠そう彼らこそが先程の映画の中のバンドでありこの物語の主人公「INNOSENT in FORMAL」なのだ!

久しぶりに上映されたにも関わらず観客が老人ただ一人だったことに怒りを覚えたことによって飛び出してきてしまったのだ。

彼らは、昔のように大勢の人々に自分たちのことを知ってもらう為に全国をLIVEして周ることに決めたのだった。

「INNOSENT in FORMAL」彼らの物語は、まだ始まったばかりである…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連リンク

INNOSENT in FORMAL OFFICIAL SITE
http://innosent.net

タイトルとURLをコピーしました