SURFACE、3000人と歓喜した再始動ライブ!

2018年5月27日、SURFACE(サーフィス)が豊洲PITにて、ついに再始動した。

2010年6月13日、「Last Attraction」公演で惜しまれつつも解散をしたSURFACE。

5月27日は、記念すべきメジャーデビュー日で、ファンには特別な1日。

デビュー20周年のアニバーサリーイヤーの記念日に行われた再始動ライブは、ファンに贈られる最高のプレゼントとなった。

SURFACE解散後、ボーカルの椎名慶治はソロとして、ギターの永谷喬夫はコンポ―ザーとして、多くのアーティストやプロジェクト、アニメ、ゲームなどの音楽を手がけて別々の道を歩んできた。

5月27日、豊洲PITでの再結成ライブは、チケットは発売と同時に瞬時にSOLD OUTとなりプレミアムチケット化。

開場前からSURFACEの再始動を待ち望んでいた3000名のファンの熱気で埋めつくされた。

ライブの1曲目は、2010年の解散時にファンとSURFACE自身への思いを込めて作った「CHANGE」からスタート。

3000名のオーディエンスは一瞬にして当時と変わらないSURFACEの世界観に引き込まれた。

力強いパフォーマンス、二人でしかなし得ないハーモニー。

この日に込めた二人の思いも熱く、ライブでの演奏とメッセージにその全てが込められていた。

椎名慶治「サーフィスです! 8年間も道に迷っちゃってさ、、、ただいま!」、永谷喬夫「8年の休みを経て20周年。いざ立ってみてさぁ、みんなの前に立てて良かったです。」と、ライブでの第一声は興奮を隠さずに、ファンへの感謝の声だった。

ライブ中盤には、新曲「LIKE a CAT」をパフォーマンス(新曲は会場で販売されたメモリアルブックに封入)。

この再結成に向けて作った新曲は弾き語りの「ららら」から始まり、椎名が歌詞を、永谷がアレンジを仕上げて持ち寄り完成した楽曲。

「出来上がった曲は、やっぱりSURFACEそのものだった」という、二人の新たなコンビネーションが気持ちいい。

続いてアニメ『まもって守護月天』のオープニングテーマ曲で、コロチキのネタでもおなじみの「さぁ」。

後半戦は立て続けにアップテンポな楽曲を披露し、オーディエンスの興奮も最高潮に。

デビュー曲でドラマ「ショムニ」の挿入歌である「それじゃあバイバイ」など、代表曲を惜しみなく披露し、3000名ものファンは更にヒートアップ。

この日はダブルアンコールを含む計23曲をパフォーマンス。

9月8日にマイナビBLITZ赤坂で、SURFACE初となる“永谷喬夫バースデーライブ”の開催が発表されるなど、ファンにとっては最後の最後までサプライズだらけの嬉しいプレゼントとなったライブだった。

この日、SURFACEはついに次のステージに向けてスタートした。

SURFACEの進化した第2章から目が離せない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連リンク

SURFACEオフィシャルサイト
http://www.surface.net/

タイトルとURLをコピーしました