ジャズ界の二刀流アーティスト、曽根麻央のデビュー盤「インフィニット・クリーチャーズ」発売記念ライブ決定!

スポンサーリンク

トランペットとピアノを駆使するジャズ界の二刀流アーティスト・曽根麻央が、2018年6月19日(火)に渋谷JZ Brat Sound of Tokyoにて、デビュー・アルバム「インフィニット・クリーチャー」の発売を記念したライブを開催することが決定した。

バークリー音楽大学と大学院を首席で卒業し、輝かしい海外受賞歴を誇る26歳の曽根麻央。4月18日に2枚組アルバム「インフィニット・クリーチャー」にてデビューを飾ったばかりの彼は、トランペットとピアノを駆使する、ジャズ界の二刀流アーティストだ。

今回のデビュー盤「インフィニット・クリーチャー」発売記念ライブは、アルバムdisc 1に収録されたアコースティック・トラックを1stセットに演奏し、disc 2に収録されたエレクトリック・トラックを2ndセットに披露するという豪華な内容だ。CD2枚に収録された全曲を、各バンドで聴ける唯一のチャンスとなる。またジャズライブならではの、CDとは異なる即興的ハプニングも大いに期待できるだろう。

曽根麻央 "Infinite Creature" リリース記念ライブ
〜アコースティック&エレクトリック〜
【場所】JZ Brat Sound of Tokyo  (http://www.jzbrat.com/access/)
【出演】
1st Set 曽根麻央 (tp & p) 伊藤勇司 (b) 中道みさき(ds)
2nd Set 曽根麻央 (tp, p & p) 井上銘 (gt) 山本連(e-b) 木村紘(ds)
Open 18:00, 1st set 19:30, 2nd set 21:00 (入れ替えなし)
予約¥4,000 当日¥4,500  スケジュールページよりご予約下さい
http://www.jzbrat.com/liveinfo/2018/06/#20180619
--------------------------
二刀流(トランペット+ピアノ)驚異の新人!!
海外の権威ある賞を受賞してきた驚異の新人(トランぺッター、ピアニスト、作編曲家)が見事なセルフ・プロデュースでデビュー・アルバムを発表!!
異例の2枚組(アコースティック盤、エレクトリック盤)デビュー!

【タイトル】Infinite Creature
【発売日】2018年4月18日
【商品形態】 CD \3,241(本体)+税 PCCY-30248
【CD収録内容】
[ disc 1 – Acoustic ]
01 Within The Moment ウィズイン・ザ・モーメント
02 Drunk At The Reception ドランク・アット・ザ・レセプション
03 Recollection (from suite “Expressions On The Melody Of Kokiriko”)
リコレクション(組曲「コキリコの調べにおける表現」より)
04 Untitled Allegro 無題のアレグロ
05 George Washington Bridge Blues ジョージ・ワシントン・ブリッジ・ブルース
06 Isfahan イスファハン
07 From The South フロム・ザ・サウス

Mao Soné – trumpet, piano, percussions, voice  曽根麻央
Yuji Ito – acoustic bass  伊藤勇司
Misaki Nakamichi – drums  中道みさき

-guest musicians-  -ゲスト・ミュージシャン-
Tact Yamada – violin (5, 7), mandolin (7)  山田拓斗
Masateru Nishikata – cello (2, 5)  西方正輝

[ disc 2 – Electric ]
01 Beyond Gravitation ビヨンド・グラヴィテイション
02 SkyFloor スカイフロア
03 Introducing #BotLives イントロデューシング#BotLives
04 Brightness Of The Lives ブライトネス・オヴ・ザ・ライヴズ
05 I Fall In Love Too Easily アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
06 A Letter ア・レター
07 Japanama ジャパナマ

Mao Soné – trumpet, flugelhorn, piano, synthesizers, percussions, voice    曽根麻央
May Inoue – guitar  井上銘
Ren Yamamoto – electric bass  山本連
Hiro Kimura – drums   木村紘

All compositions are written by Mao Soné except “Isfahan”(Duke Ellington/Billy Strayhorn) and ”I Fall In Love Too Easily”(Jule Styne/Sammy Cahn)

曽根麻央 プロフィール
1991年生まれ。
曽根麻央は、ジャズを基盤として日本の音やその他の民族音楽を融合させる、完成度の高い個性的なスタイルを持った日本人のトランペッター、ピアニスト、歌手、作曲家。また、トランペットとピアノの同時演奏という独特なスタイルでも知られている。
幼少期よりピアノを始め、8歳でトランペットを手にすると9歳で地元・千葉県流山市での音楽活動をスタートさせる。18歳で日本を代表するドラマー猪俣猛グループに参加し、同年バークリー音楽大学より全額奨学金を授与され渡米する。 タイガー大越、ショーン・ジョーンズ、ハル・クルック等に師事。 在学中世界的に著名な様々な賞を受賞(下記参照)。 2016年に同大学の修士(Master)課程の第1期生として首席卒業し、NYへ移る。 同時に、グラミー賞受賞ピアニスト、ダニーロ・ペレスの設立した教育機関、グローバル・ジャズ・インスティチュートに在籍し、ダニーロ・ペレス、ジョー・ロバーノ、ジョン・パティトゥッチ、テリ・リン・キャリントン等に師事し、共演も果たす。
これまでにニューポート、モントレー、モントリオール、トロント、ドミニカ共和国等の国際的なジャズ・フェスティバルに出演。
2017年には自己のバンドを率いてNYブルーノートやワシントンDCのブルース・アレイ等、アメリカを代表する老舗ジャズクラブに出演を果たした 。

受賞歴
・2008年バークリー・アワード賞(北海道グルーブキャンプより):
・2014年 国際トランペット協会・ジャズコンペティション:1位優勝 (米国)
・2014年 国際セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティション:ファイナリスト (米国)
・2015年 流山市・ふるさとづくり功労賞
・2016年 "Keep An Eye” 国際ジャズアワード優勝(オランダ)

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする