久間田琳加“初”主演映画『ヌヌ子の聖★戦』、ティザービジュアル第一弾が公開

スポンサーリンク

大人気女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルで、先日「ガーナミルクチョコレート」の新CMキャラクターに抜擢された、久間田琳加(くまだ・りんか/17)が、映画“初”主演を務める『~harajuku story~ヌヌ子の聖★戦』(2018年冬公開)のティザービジュアルが解禁となった。

本作は、超現代っ子!誰もが振り返る、容姿端麗・現実主義な読者モデル・三好里奈(みよし・りな/久間田琳加)と、夢に向かって絶対に諦めない不屈の精神をもったオシャレが大好きな女子大生・田原葵(たばら・あおい/吉田凜音)を主人公とした物語。「双子」ではなく、通称「ヌヌ子」として活動する2人は、双子のように仲良しでお互いのコトを理解しているつもりだが、お互いの「夢」「希望」「不安」「悩み」から、2人の中にすれ違いが生じる。ツインズ・双子コーデといったファッションカルチャーが生まれる“原宿”を舞台に、“原宿”を愛する2人の女の子、“原宿”ファッションのカルチャーにフォーカスした作品。現在撮影真っ只中である。

この度解禁となったビジュアルは、先日、原宿の竹下通りで本番撮影中に撮影された一コマ。久間田と同世代の若者の聖地ということもあり、通りすがりの人たちからは「可愛い!」といった声が数多くあがるだけでなく、海外からの観光客からは日本の“KAWAii(かわいい)文化”を象徴する、2人のビジュアルを写真に収めようと足を止める人々が続出した。実際に本番の撮影で使用しているコーデである。また、期間限定で、原宿のストリートボード(高さ2m、幅約1.4m)としても掲出される予定で、海外からの観光客にも馴染みやすいデザインとなっている。

久間田は、葵と共に「ヌヌ子」として活動する主人公・里奈を演じる。街を歩けば誰もが里奈の美貌に振り返る、「ヌヌ子」のルックス担当(葵はコミュニケーション担当)。2人で「ヌヌ子」として活動しながらも、里奈個人のモデルとしての仕事が徐々に増え、葵とすれ違いが多くなる。たまたま現場で一緒になった先輩モデルとの出逢いや、その圧倒的な魅力を前に、上には上がいること、そして自分に足りないモノの多さに気づく。「夢」と「現実」の狭間で揺れながらも、大切なものを見つけていく、〈可愛さ〉と、成熟しきっていない〈妖艶さ〉を兼ね備えた役どころだ。

本映画での、ヌヌ子二人のファッションコーディネートは30種類以上。原宿で絶大な人気を誇るアパレルブランドのラインナップも含めたファッションが展開される。キュートで可笑しな展開と、少し深~くて、少しマジメ~で、少し痛~いリアルな、ヌヌ子たちの青春映画が“原宿”の街に誕生する。映画『神様のカルテ』(櫻井翔主演)などで監督を勤めた深川栄洋(ふかがわ・よしひろ)初プロデュース作品。2018年冬、公開予定。

映画『~harajuku story~ヌヌ子の聖★戦』公式HP
https://www.saigate.com/funding/nunuko/portal/

~久間田琳加~
◆公式HP
https://www.lespros.co.jp/talent/artists/rinka_kumada/
◆公式Instagram
https://www.instagram.com/rinka_kumada0223/
◆公式Twitter
https://twitter.com/lespros_rinka


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする