ドラマ「やれたかも委員会」の謎の美人秘書役が話題に

乃木坂46の​白石麻衣、俳優の佐藤二朗、​山田孝之が出演する​​ドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の謎の秘書役が可愛すぎると話題になっている。

毎話​シュールに​登場するこの謎の組織の秘書役をつとめるのは、秋元康プロデュース「​劇団4ドル50セント​」の立野沙紀​(23)

女性劇団員最年長の立野沙紀は、​ ​ドラマ『明日の約束』(フジテレビ/関西テレビ)では準レギュラーで出演し、最近はフジテレビ「直撃!シンソウ坂上」、日本テレビ「ナカイの窓」にも出演するなど活躍が​目立っていた。

ドラマの内容は、やれたかも委員会メンバーの能島譲(佐藤二朗)、月綾子(白石麻衣)、オアシス(山田孝之)の3人に、相談者が異性との“やれたかもしれない”過去のエピソードを話し、委員会側が「やれた」「やれたとは言えない」の札で判定をするというシンプルな1話完結の物語。

秘書・椎名(立野沙紀)は毎回突如としてシュールに登場する。

ドラマの結末とともに、立野沙紀の今後の活動からも目が離せない。

スポンサーリンク

「劇団4ドル50セント」とは、秋元康プロデュースの新劇団。
今までの劇団の枠にとらわれない、演劇を中心とした総合エンタテインメント集団で、劇団員からの派生メンバーによる音楽活動やドラマ・映画・モデル・バラエティなど多彩な個人活動を予定​。6月から新宿にて定期公演を行うことを発表している。​

立野沙紀 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/saki_tateno

立野沙紀 オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/saki_tateno

タイトルとURLをコピーしました