桜井日奈子 地元・岡山に凱旋し“ただいま!”

スポンサーリンク

4月22日、映画「ママレード・ボーイ」の舞台挨拶付き試写会が岡山・広島にて行われ、舞台挨拶やトークショーに女優の桜井日奈子が登壇した。

映画「ママレード・ボーイ」はシリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」を実写映画化。突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに!『余命一ヶ月の花嫁』『ストロボ・エッジ』のラブストーリーの名手・廣木隆一監督が手がけ、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔。

本作で光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。

この日、桜井日奈子は地元・岡山のイオンシネマ岡山での特別試写会に登場した。

朝早くからの映画上映にもかかわらず、場内は満席!「帰ってきました!上京する前はよくこの映画館に来ていました。なので、今舞台挨拶で来ているのがとても不思議です。岡山、緊張します(笑)」と挨拶。「高校3年生まで、バスケ漬けの毎日でした。イオンにはよく来ていて、ここに来れば誰かに会えるみたいな感じでした(笑)」と地元・岡山での思い出を語り、「もうすぐ映画が公開になるのですが、沢山の人に観てもらいたいです。今、宣伝活動をしていていよいよだなと思っています」と出身地へ主演映画と共に訪れ、公開まであと5日と緊張が増してきた心境を明かす。

「オファーを頂いてから、原作を読んだのですが、一気読みしてしまいました。設定が斬新で新しくて。新鮮でした」と原作漫画との出会いを語り、「一生懸命になりすぎて、撮影期間は余裕がなく、プレッシャーは感じられませんでした。でも、やっぱり大人気漫画が原作ですし、公開が近づくに連れプレッシャーを感じるようになって。今まさに公開直前なので、とても緊張しています」とコメント。

遊を演じた吉沢亮らを始め、共演者から“光希にぴったり”と太鼓判を押されていたが、自身でも共通点があるように思うようで「光希は何でも思ったことを隠さずに出してしまう素直さがあって。そこは私と似ているところだなと思っています。私もすぐに顔に出てしまうので(笑)でも、光希の真っ直ぐな所はあまり似ていないかも…」と。

また、撮影時を振り返り「吉沢さんはすごく頼りになる方で、お芝居でも精神的な面でもリードして頂きました」と吉沢についてコメント。北九州でも撮影を行い「遊との旅行のシーンの撮影をしました。SNSで上げるような写真や映像を撮影したりもして。とても思い出深いです」と語る。

監督からの演出について「”普通に、普通に”と言われるんですけれど、普通ってなんだろうって。考えていくうちに段々できなくなっていったりして。自然なお芝居というのが初めてだったので、難しかったです」と。

「ときめくシーンが詰め込まれていて、保健室でのキスとか、海辺でのシーンはキュンとするんじゃないかなと思います。遊が弱さを見せるシーンは女性はみんな心をくすぐられるんじゃないかな」と映画の見どころを話し、「朝早くからありがとうございます!沢山沢山、キュンキュンして下さい!光希と遊の恋物語ではありますが、2人以外の銀太や茗子と名村先生の恋に、後は両親Sたち。恋の物語でもあって、成長物語、そして家族の物語でもあります。トキメキが沢山詰まった見どころ満載の映画になっているので、リラックスして楽しんで下さい!」と舞台挨拶を結び、思い出の地を後に次は、広島へ。

広島パルコ前の特設ステージにて、トークショーを実施。なんと、桜井をひと目見ようと約1000人もの来場者が駆けつけ、ステージ前が大混乱に! 地元・岡山に隣接する広島については「宮島に行ってみたいです!」「広島カープさんが優勝した時は、その反響が岡山まで届いていました!」と地元トークを展開。

両親Sとの共演について触れ、「映画・ドラマ等でずっと活躍されてきて、小さい頃から観てきた方々ですので、私は緊張しっぱなしでした。でも皆さん、私のような新人にも優しく、同じ目線でお話してくださって不安なことは何もなく安心して撮影現場に臨めました。寒い時に中山美穂さんが背中をさすってくださって。それぐらい皆さん温かい方でした」と。<一観客として、誰と映画を観に行きたい?>という質問には、「この作品は観終わった後に、遊と銀太どっちがタイプだった?とか、両親Sみたいに、親が再婚したら?とか、話題が付きないので、仲のいい友達とか、家族と観ても楽しいかもしれません」と。
そして、広島に訪れた桜井に向けて、『ママレード・ボーイ』に絡めた、“広島クイズ”が行われ、会場は大盛り上がり!最後には約1,000人もの来場者たちと記念撮影!会場沸き立つ中、広島パルコを後に本日の最後の地となる広島バルト11へ。

上映後の舞台挨拶は初めてということで、「ぶち面白かったですか?」「観た直後の皆さんの、ホットな感想を是非聞いてみたいのですが…?」と地元・岡山でも使われる方言で会場に問いかけると歓声が飛び交い、大きな拍手で返事が。「ありがとうごぜーます!(笑)」と嬉しさいっぱいに桜井は笑顔を見せる。「小学校の社会科見学等で広島は訪れたことがあります」と広島でのエピソードを。

初主演となったことについては「まだ、数えるほどしか映画に出たことがない中で、こんな大きな作品の主演のオファーを頂けるなんて思ってもいませんでした」と当時の心境を語り、映画完成後は「最初に観たときには、自分の演技が大丈夫かなっていう心配ばかりで。二回目に観た時は、少し余裕が出たので、作品としてきちんと観ることが出来ました。<本気の恋は、甘いだけじゃない>ってここにも(ポスター)書いてありますが、この言葉に嘘はなくて、本当に恋のどうしようもならない思い、苦い部分も沢山描かれています」と映画についてコメント。

吉沢については「最初無口な方なのかなって思っていたのですが、そんな事全然なくて沢山話しかけてくれました」と話し、「吉沢さんの演技を受けて、私は光希になれたなと思っています」と。予告編でも印象的な“保険室でのキス”シーンについて尋ねられると「その撮影が終わるまで緊張しっぱなしでした。私は口の周りの食べかすとかつけがちなので、入念にチェックをしました(笑)」と可愛らしいエピソードを披露。

豪華キャスト“ラブストーリーの神たち”とも称される両親Sたちとの共演に関しては、「実は、冒頭の食事のシーンが皆さんと初めて演技をさせて頂いた場面でした。最初から家族の雰囲気が出来上がっていて、素晴らしい環境で演技させて頂きました。両親Sの4人もこの作品で共演が初めてということに驚きました。エレベーターで両親Sの皆さんと一緒になった時、一生この瞬間は忘れないなって思いました(笑)」と撮影を振り返る。

お気に入りにシーンは?との質問には「シチューのシーンが一番好きです」と。「光希と遊の絶妙な距離感が伝わって来て。でもあのシーンの撮影は、5分以上長回しで撮ったので大変でした。でも一連で撮影されるので、気持ちが途切れることもなく、気持ちが乗りました。廣木監督みたいに自由に演じさせてくれる監督も初めてでした」と続けて説明。加えて、「光希の高校生と大学生での演じ分けについては、事前に監督と相談をしました。髪を切るシーンについては、本気の恋を経験した光希がその先に進んでいく姿が見せられたらいいねと」と話し、「監督に褒められたシーンが一つだけあります。最後に光希がママレード・ジャムを置くシーンがあって。そのシーンが凄く良かったって…(笑)美味しそうな感じが良かったって褒められたので、是非二回目を観る時には注目してみて下さい!(笑)」と笑いを誘う一幕も。

舞台挨拶が着々と進む中、「やっぱり直接感想がもっと聞きたいです!」という桜井たっての希望で、桜井から来場者に直接質問することに!「一番、ぐっときたシーンは?」と尋ねるととひっきりなしにコメントが飛び交い、桜井と来場者たち全員が意気投合!そして最後には「本当にありがとうございます。こうやってリアルな感想を直接聞けて嬉しかったです。是非、SNS等で皆さん『ママレード・ボーイ』のトキメキを広めてもらいたいです」とのメッセージを贈り、温かみ溢れる広島での舞台挨拶を、名残り惜しそうに終えた。

甘くてクール(ママレード)な彼と、突然のシェアハウス。すべての女性を夢中にさせた、光希と遊のとまらない恋の行方に中高生から大人まで心を奪われる!トキメキがたくさん詰まった映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)より全国ロードショー! 是非、ご注目ください!


ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

関連リンク

映画『ママレード・ボーイ』公式サイト
http://marmaladeboy.jp

映画『ママレード・ボーイ』公式Twitter
https://twitter.com/marmalade_movie

タイトルとURLをコピーしました