山下智久 「LINE ポコパンタウン」の新TV-CM『PPT』篇に登場! うさぎの「ポコタ」とのクールでシュールな関係性とは?

スポンサーリンク

山下智久さんが出演するタップパズルゲーム「LINE ポコパンタウン」の新TV-CMが4月21日(土)より全国でオンエア開始される。

「LINE ポコパンタウン」は、シリーズ世界累計 6,000 万ダウンロードを記録する「ポコパン」シリーズの最新作で、絵本の中にある「ポコパンタウン」が舞台。

かつて花の町と呼ばれていながらも、今は荒れ果ててしまったこの町を立て直そうとする主人公の「ポコタ」やその仲間たちを、プレイヤーがパズルを解いて協力するというストーリーのタップパズルゲームです。

新TV-CM『PPT』篇は、ラーメン屋さんのカウンター席に座り、「LINE ポコパンタウン」を楽しむ山下さんと、ゲームの主人公であるうさぎの「ポコタ」とのクールでシュールな関係性を垣間見ることができる、見る者を思わずクスリとさせる TV-CM となっている。

●「LINE ポコパンタウン」新TV-CM『PPT』篇 ストーリー

ラーメン屋さんのカウンター席にひとり座る山下さん。スマートフォンを手に「LINE ポコパンタウン」を楽しんでいます。そこへ軽快な音楽とともに現れたのは、ゲームの主人公でピンク色の陽気なうさぎ「ポコタ」。パズルを解く山下さんのすぐ隣で、音楽に合わせて「P」「P」「T」の文字を体で表現しているようです。「P」「P」「T」とは「(P)ポコ(P)パン(T)タウン」の頭文字、小さいながらもノリノリの派手な「ポコタ」のアクションに、山下さんも気付いていないわけではなさそうですが、全く反応がありません。そのつれない素振りに、物言いたげな様子で山下さんの顔をじっと見上げる「ポコタ」・・・。すると、相変わらず視線はスマートフォンの画面に注がれたままの山下さんの口から「♪ポコ・・・」と囁く声が! 突然の出来事にちょっとびっくりしたものの、内心とても嬉しかった「ポコタ」なのでした。

●撮影レポート

●撮影現場に「ポコタ」はいないの? いるの? やっぱりいないの??

重ねられたどんぶり、整然とトレーの上に並ぶ調味料の数々、湯気が立ち上がる寸胴(ずんどう)・・・。どこから見てもまるで本物のラーメン屋さんのような新 TV-CM『PPT』篇の舞台は、スタジオ内に精密に再現されたラーメン屋さんのセットです。その中で、“週に 3 日は通っている常連客”のような佇まいでカウンター席に腰掛け、スマートフォンで「LINE ポコタンタウン」を楽しむ山下さん・・・。リアリティーを追求したこのシチュエーションの中で、一つだけ無いものがありました。それは、完成した TV-CM ではカウンターの上で元気よく動き回っている、うさぎの「ポコタ」の姿です。

「ポコタ」はゲーム内の二次元キャラクターのため、モニターを通しては見ることができるものの、セット内にいる山下さんはその姿を見ることはできません。撮影にあたり監督からの指示は、「ポコタはここ(カウンターの上)にいて、一生懸命ダンスでアピールしているけれど、気付かないふりをしてゲームに集中してください」というもの。つまり、山下さんに課せられたのは、実際にはその場にいない「ポコタ」を、いるものと想像しながら、その「ポコタ」をいないものとして無視する演技、ということになります。かなり複雑なシチュエーションですが、撮影を終えた山下さんに感想を聞いてみると、「ボクには見えていました。ポコタが(笑)・・・。なので楽しくポコタとセッションさせてもらいました」とのこと。その上で「ポコタの大きさはこれくらいだったかな」と言って、見えていた「ポコタ」の大きさを手で示してくれました(25cm くらい)。「ボクが動いちゃうとポコタと被ってしまうので、(カメラのポジションを意識して)一生懸命被らないように、ポコタのためにがんばりました」と、山下さんには「♪P・P・T」と軽快にダンスする「ポコタ」の姿が本当に見えていたのではないか!と思ってしまうようなコメントをいただきました。そんな山下さんと共演できた「ポコタ」・・・、かなりの幸せ者ですね。


尚、新TV-CMの放送を記念して、TV-CMに登場する「ポコタ」と山下さんが登場する無料LINEスタンプ(全8種)が5月1日から配信されるので楽しみにしておこう。

新 TV-CM・メイキングは、特設サイトからご覧いただけます。
https://www.lgcm.jp/pokopangtown/


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする