佐々木恵梨 こだわりの"手作りライブ"でファンを魅了

スポンサーリンク

4月7日、佐々木恵梨の初となるワンマンライブが行われた。

2015年4月にアニメ「プラスティック・メモリーズ」主題歌「Ring of Forutune」でデビューしてから、ちょうど3年。満を持してのワンマンライブ。

会場は、都心からほど近い、西川口に新たにできたライブハウス「UNDER2.5」。

この日は、ライブハウスのグランドオープン日でもあり、記念すべきこけら落とし公演に佐々木恵梨が指名された。

本ライブは、会場決め、グッズ選定、描き下ろし油絵、ブレスレット作り、手作りCD等々、すべてアーティスト本人が行ったという。佐々木恵梨が好むアナログ感を主体とした、まさにこだわりの"手作りライブ"である。

18時、開場。

佐々木恵梨と中村ヒロの新ユニット『Herio』によるアンビエントな楽曲が流れ、キャンドルライトが灯る。ステージは星のイルミネーションがまたたき、空間そのものが佐々木恵梨の世界観に染まっていく。

19時、いよいよ開演。

1曲目「YURUSU」のイントロが流れるなか、会場後方から大きな拍手に包まれ佐々木恵梨が登場し、ソロで歌い上げる。

はにかむように挨拶をし、バンドメンバーを呼び込む。中村ヒロ(Gt)、岩崎雅史(Dr)、大迫杏子(Key)。透明感ある佐々木恵梨の声を生かすアコースティックバンド編成だ。

客席の期待に応えるように2曲目「Ring of Fortune」を高らかに歌い上げると、1stCD『Period』から自身が作詞作曲した「Pausing」「Hazel eyes」と穏やかな楽曲が続く。

ここで一旦ギターレスとなり「Be clear」で爽やかな雰囲気。

続く「モノノ怪恋慕」はアップテンポなジャジーアレンジ。客席からは自然と手拍子が巻き起こり、会場が一つになった。

ライブ中盤に中村ヒロが再登場すると、2人きりのステージで即興演奏。「癒しがテーマ」だというHerioの心地よいサウンドに会場は一瞬にして包まれ、涙する人も。

ライブ終盤、フルメンバーによる「Last Diary」で再びステージが熱を帯びると、「オトニナル」ではバンド編成らしくソロ回しをしながらのメンバー紹介。

そして、最後の曲はポエトリーリーディングから始まる壮大な楽曲「Period」。鳴り止まない拍手と、アンコールの声に笑顔で答えながら再登場すると、TVアニメ「ゆるキャン△」のEDテーマ「ふゆびより」で締めた。

あっという間の全17曲。もっとずっと聞いていたい。でも、今日はおしまい。

佐々木恵梨の歌声を、じっくり贅沢に味わわせてくれた、至福の2時間だった。


Photo by Wakana Arai

■佐々木恵梨ワンマンライブ■
「UNDER The Starry Sky」2018年4月7日@UNDER2.5
セットリスト

01.YURUSU
02.Ring of Fortune
03.Pausing
04.Hazel eyes
05.Be clear
06.モノノ怪恋慕
07.GATE OF STEINER
08.Prayer
09.即興演奏
10.Recalling
11.Time To Wake Up
12.Star seed
13.Last Diary
14.オトニナル
15.Period
encore
16.シャンプー
17.ふゆびより

スポンサーリンク

関連リンク

佐々木恵梨 Official Website
http://erisasaki.net/


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする