AKB48単独としては約2年ぶりの開催!! 新チーム体制でのパフォーマンスも披露!!

スポンサーリンク

4月1日、さいたまスーパーアリーナにて約2年ぶりとなる『AKB48単独コンサート~ジャーバージャって何?~』が行われた。

小嶋陽菜がコンサート中にタクシーで現れた2年前の横浜スタジアムでのコンサート以来となるAKB48単独のコンサートが開催されました。また、約3年ぶりとなる組閣の新チーム体制でのコンサートとなり、新しいAKB48の姿をファンの皆様にご覧いただくコンサートとなりました。

最新シングル「ジャーバージャー」で幕開けし、岡田奈々は「センターを務める楽曲がコンサートタイトルになるなんて」と喜びを爆発させていました。

現体制での各チームのパフォーマンスの後には、新体制の4チーム(岡部チームA、込山チームK、高橋チームB、村山チーム4)が、それぞれのチームカラーを出したパフォーマンスを繰り広げました。

さらに、向井地美音や樋渡結衣といったフレッシュ選抜や、新チーム体制では各チームや研究生として分かれて活動することになる16期生や、加入したばかりのドラフト3期生らも随所でステージを彩り、新しいAKB48が始まっていくことを強く印象付けました。

昼の部では、新チームの結束力を試すためにチーム対抗ピンポンゲームを実施。優勝賞品は、公演初日のお弁当が少しだけ豪華になるというご褒美にテンションが上がるメンバーたち。結果はほとんどのチームがぐだぐだの中チームAが終盤コツを掴んで8個を運んで見事優勝。チームKは4個、チームBとチーム4は共に1個と大苦戦。そして新チームによる新公演の日程も発表されました。

【新公演初日日程】※予定
●チームA:6月12日(火) ●チームK:6月24日(日)
●チームB:6月26日(火) ●チーム4:6月6日(水)

このコンサートをもって、姉妹グループからの兼任が解除される、宮脇咲良、北川綾巴、白間美瑠たちに、横山由依総監督から感謝と労いの言葉がおくられる場面も。白間は「兼任をしてたくさんのお姉ちゃんができました。沢山甘えて沢山勉強させてもらいました」と振り返っていました。

メキシコのドラマ「LIKE」に海外キャストとして出演する為、1年間の留学へと旅立つ入山杏奈の壮行会が行われました。入山は悩んだ末に海外での挑戦を決意したことを明かし、「時間を無駄にせず、ビッグになって海外でもAKB48の名前を知ってもらえるように頑張って帰ってきます!」とファンとメンバーに力強く約束。「離れていてもAKB48が大好きです!行ってきまーす!」と笑顔でステージを降りていきました。

最後には、横山由依が「これからAKB48、48グループとして大きいところを目指していきたいと思います。これからもグループの応援よろしくお願いします」と総監督らしく締めくくり、AKB48にとって新たな門出となるコンサートとなりました。

●小栗有以センター52ndシングル「Teacher Teacher」初披露!!

夜公演のアンコール明けには、5月30日(水)にリリースされるAKB48 52ndシングル表題曲「Teacher Teacher」(※タイトル初解禁)が、サプライズで初披露されました。

本楽曲は、先日3月19日にSHOWROOMにて発表となった選抜メンバー29名による楽曲で、6月16日に開催される「第10回AKB48世界選抜総選挙」の投票対象シングルとなります。歌詞の内容は、先生を誘惑する女子生徒と、まさに妖艶な内容。振り付けは、神話(SHINWA)やPSY、そして5月に日本デビューを飾るGFRIENDを手掛けるパク・ジュー。AKB48では初となる外国人振付師となり、艶めかしい手ぶり、腰つき、そして生々しい脚とAKB48史上最もセクシーなダンスに仕上げられています。

満を持してセンターを務めることになったAKB48チーム8の小栗有以は、「今日のコンサートに出演して、あらためてAKB48が好きなんだなと思いました。そのAKB48の戦力になれるよう精一杯頑張りたいと思います!」と力強く挨拶。しかし、緊張しすぎたのか、その後の曲フリでタイトル「Teacher Teacher」を「Teacher」と間違えてしまい、新曲披露の為に集まった姉妹グループの選抜メンバーたちに総ツッコみに。かえって誰からも愛される小栗のキャラクターが際立ち、会場中が笑顔で新センターを祝福していました。

●小栗有以コメント
ファンの方やメンバーからもかわいい曲だと予想をされていたので、私もかわいい曲が来るかな?と思っていました。(イメージとして)かわいい曲(が合う)と思われがちなんですけど、実は今回の「Teacher Teacher」のようなかっこいい曲も好きで、ちょっと大人っぽい楽曲でした。いい意味でみなさんの予想を裏切る楽曲ですごく嬉しいです。

(歌詞が先生を誘惑する女子生徒という、同世代を描いたものですが?)
そういう経験が当然ないんですけど、「Teacher Teacher」を歌うときは、自分が歌詞のような生徒だって思い込んで、そう演じて踊るように心がけています。今回センターに選んで頂けて、素直にすごく嬉しいです。

不安もあるんですけど、先輩、メンバーたちが支えてくれているので、すごく心強いですし、私もセンターに選んで頂いたからにはAKB48の魅力、「AKB48はまだまだ勢いがあるんだぞ」ってところをたくさんの方に、私も先頭に立って伝えていけるようにがんばっていきたいと思います、引き続き応援よろしくお願いします。

©AKS

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする