emma 自身プロデュースのカレンダーは“我が子を嫁に出すような気持ち”

スポンサーリンク

3月25日、女性ファッション誌・ViViで専属モデルとして若い女性達を中心に〝おしゃれ番長〟と呼ばれ、憧れのファッションアイコンとして支持を集め、国内外問わず数々のファッションショーやイベントに出演。近年、TVドラマやバラエティ番組への出演や、リクルート「タウンワーク」のCMにも抜擢されるなど、活躍の場を広げている注目モデルemmaさんのオフィシャルカレンダー「emma Calendar 2018.04-2019.03」発売記念イベントがHMV&BOOKS SHIBUYAにて行われた。

・昨年発売、初のビジュアルスタイルブックに続き、本作初のカレンダーでもモデルとして以外に、ご自身で企画からプロデュース、制作に携わられたそうですが、完成して今のお気持ちはいかがですか?

やっとこの日がきたなぁというかんじです。すごく思いを込めて作ったカレンダーなので、我が子を嫁に出すような気持ちです(笑)。とってもワクワクしていて嬉しい気持ちです。

・特にこの部分に拘ったというポイントがあればお聞かせください。

今回はカレンダーということで、私の中ではカレンダーというものは一年の賞味期限があるものだなと思ったので、手に取ってくださる皆さんにとって、この一年間が素敵なものであって欲しいし、見たり手に取ったりすることで気分が上がるというものにしたかったので、そこはすごく拘った点でした。カレンダーを制作すると決まった時から、いろいろな書店に行って、カレンダーを見て研究してみると、今のカレンダーは卓上のものが多いというのがわかって、卓上は色んなところに飾ることができるし、私を応援してくれているファンの方達の中には、一人暮らしのかたや、自分の部屋に飾る方も多いようなので、壁掛けタイプではなく、卓上のもので、色々なところに置いてもらったりできるようにしたという点も拘ったところです。一枚一枚取り出せる様にしているのも、壁に貼ったり、手帳に挟んだりしてもらって、手に取ってくれる色んな方がそれぞれに楽しんでもらえるようにと考えてこの形にしました。

・このカレンダーでモデルとして初めて挑戦したことはありますか?

私が何か作品を作るときは、何か新しいものに挑戦したいという思いがあって、今回は私がとても好きなデザイナーのVERDYさんという方に、自ら声をかけて一緒に作品を作っていただいたことや、チャイナドレスや水着での撮影を行ったという点がこのカレンダーで初挑戦したことでした。

・制作中、撮影中のエピソードはありますか?

制作期間がすごく短かったこともあったので、日頃から親交のある信頼しているスタッフの皆さんと一緒に取り組ませていただきました。カメラマンは、同世代でビジュアルスタイルブックの時には表紙を撮影してくれたTammy Volpeさん、デザイナーは文化服装学院時代の同級生の友人にお願いをして、仲間同士でワイワイ楽しみながら作ることができたので、その空気感をすごく良い形で作品に落とし込むことができたと思います。撮影の時に使うバック紙などの小道具もカメラマンと二人で調達しに行ったりしたことも、一から制作に携わったからこそ実感できた感覚だと思いますし、楽しかったです。

・昨年はビジュアルスタイルブック、今年はカレンダーと毎年作品を発表されてきていますが、次(来年?)は、どんな作品を作りたいですか?

去年今年と作品を出させて頂いて改めて思うのは、私は何かを生み出したり作品をプロデュースすることがすごく楽しいので、次は、旅行が好きなので、旅行先で撮った写真を一つの本にして出してみたいです。少しガイドブックて的な要素も織り交ぜつつ。これからも何かをプロデュースするという活動を続けていきたいです。

・今後の野望を教えてください。

今のモデルは自分をプロデュースできないとダメだなと私は常に思っているので、これからはTVももちろん、もっと自身の動画配信も含めたセルフプロデュースも積極的に行っていって、これまで以上に色んなことを多くの皆さんにシェアしていけたらと思っています。

・この春、一年間レギュラーを務められたA-studioについて

一年を通して、素晴らしいゲストの方とお会いして、またその方たちに関連するご友人やご家族の方達にもお会いして、普段聞けない様なお話を聞くことのできる素晴らしい場所に居させて頂くことができたことは、本当に今までに無い経験でした。これからは、A-Studioで学んだことや刺激を受けたことをモデルやプロデュースなど、自分自身が発信する立場として、皆さんに表現して行くことができたらと思います。

・お気に入りの一枚は?

色んな方達から良く聞かれるんですが、オールプロデュースだからこそ一枚に絞り込むということができなくて・・・ひと月ごとに違うコンセプトで作っていて、すべての撮影に本当にこだわって作ったので、一つに選べないですね(笑)

・作品を手にするお客さんたちへ一言

このカレンダーは、本当に自信作で自信を持って「かわいい!」と思えるものができたと思うので、手に取ってくださる方々には、ご自分の好きな様に壁に貼ってもらっても良いですし、ご自分のオフィスに飾ってもらっても良いですし、2019年3月までの一年間、このカレンダーが皆さんにとっての素敵な時間のお供になればと良いなと思っています。

©SDP ©SDP ©SDP ©SDP

©SDP

スポンサーリンク

【商品詳細】
■タイトル:emma Calendar 2018.04-2019.03
■発売日:2018年3月26 日(月)
■価格:2,000円+税
■サイズ:A5判 卓上ケース入り
■ページ数:14ページ(表紙+裏表紙+12枚)
■発行:SDP
■公式ページ:http://www.stardustpictures.co.jp/book/2018/emmacalendar2018.html

©SDP ©SDP

©SDP

タイトルとURLをコピーしました