センバツ応援イメージキャラクター 玉田志織、“悔いの残らないよう頑張って!”と選手にエール

スポンサーリンク

2月21日、今年で90回記念大会となる選抜高等学校野球大会(日本高等学校野球連盟、毎日新聞社主催、3月23日開催)にて、昨年の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」において審査員特別賞を受賞して、2018ユニチカマスコットガールを務めているモデル・女優の玉田志織さんが、90回記念大会の「センバツ応援ポスター」に起用、さらに「センバツ応援イメージキャラクター」に任命されて、そのポスターのお披露目と「センバツ応援イメージキャラクター」任命式が東京・千代田区の毎日ホールで行なわれた。

玉田志織さんは90回の記念大会の「センバツ応援イメージキャラクター」に起用されたことについて「最初選んでいただいてびっくりしましたが、今は甲子園という夢の舞台に携われて嬉しいです。」とニッコリ。

ちなみに玉田志織さんは野球の経験があるのか問われると、「私は中学2年、3年の時に野球部の応援団をやらせてもらいまして、野球は身近なものです。また、学校で野球をする授業もあり、バットを振ったり、キャッチャーをやったりしました。やってみて難しいと思いましたが楽しく、感動を与えるスポーツと思います。」と話していた。

また、甲子園球場に行ったことがあるか問われると「実際の甲子園は行ったことはないですが、高校野球は高校生の皆さんが輝いているとテレビを見て思います。皆さんが一つになる素晴らしいスポーツですね。 出場する選手の方々には立てなかった人の分まで悔いの残らないよう頑張ってください!」と選手たちにエールを送った。

玉田志織さんは改めて、「今までイメージキャラクターをやられていた先輩方の中に入っていいのかとは思いましたが、90回記念大会のイメージキャラクターを頑張ります。野球部の応援団をしていました。ピンクのTシャツを着てハチマキを巻いて、フレーフレーと歌を歌ったりして選手の応援をしていました。野球の授業ではグローブを付けましたが、実際にグローブを付けて全力プレーをするのは選手の方は大変だと思います。今後は歌を10年習っているので、歌手もしたいですが、やはり女優になることが一番の目標です。悪役を演じてみたいです。また学園モノにも出演したいです。」と目標を語っていた。

90回記念大会となる選抜高等学校野球大会は、いよいよ3月23日に開幕!

玉田志織 玉田志織 玉田志織

 

”高校野球を見たら聴きたくなる吹奏楽セレクション” by entameclip | AWA


https://mf.awa.fm/2GMkFm9

タイトルとURLをコピーしました