映画『PとJK』初日舞台挨拶で土屋太鳳と高杉真宙が亀梨和也に感謝の気持ちを伝える

3月25日、映画『PとJK』初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督が登壇した。

本作は別冊フレンドで連載中の大人気作「PとJK」を実写映画化。仕事に真面目な警察官・功太と、ピュアで真っ直ぐな女子高生・カコが織りなすキュートで愛らしい物語。

亀梨和也さんは「本当に目の前にたくさんのお客様がいらして下さる事を本当に感謝していますし、全国で(ライブビューイングで)この模様を観てる人達がいるという事で初めての経験で緊張してます。」、土屋太鳳さんは「『PとJK』という素敵なお花が全国で開花する事を心から願っています。」、高杉真宙さんは「撮影したものがこうやって公開されていく事はすごく緊張で、いよいよ皆さんに、演じた大神平助を観て頂けるという事で、しっかりと頑張ったので、楽しんで観て頂けたらと思います。」、玉城ティナさんは「初日という事でだんだんと実感が沸いて来ている、そんな感じです。」とそれぞれ挨拶。

土屋太鳳さんの印象について亀梨和也さんは「今回初めて共演しお仕事をさせて頂いたんですけど、元々テレビで見たり、いろんな方たちからお話でチラホラと聞いてたりする印象と本当に変わらなくて、本当にまっすぐで純粋で人としてすごくちゃんとしてる方だなという中で、ずっと撮影もさせて頂きましたし、プロモーションまで一緒にやらせてもらいながら、そんな彼女のちょっと天然と言いますか、すごく独特な空気感であったりというのはすごく魅力的な方だなという風に改めて感じながらいつも会う度に、人としてすごく綺麗な気持ちになって帰らせて貰ってます。」と語ると、土屋太鳳さんは「私こそ、すごく助けて頂いていて、(亀梨和也さんの印象は)実際にお会いするまではクールな印象が強かったんですけど、実際にお会いすると、元気で優しくてすごく面白くて、松岡修造さんに会った時と同じような衝撃を受けまして・・・。」と語ると、亀梨和也さんは「太鳳! 元気か!」と松岡修造さんの真似をするように返答。土屋太鳳さんは「そんな感じです!」と亀梨和也さんの松岡修造さんの真似を絶賛。続けて土屋太鳳さんは「すごく面白くて元気な中に、すごく熱くて熱量が有るというか、熱い心を持った方なんだなという風に、すごく感動させて頂きました。プロモーションをさせて頂く上で、印象が変わったというよりかは深くなりました。上手く言えないんですけど・・・。(亀梨和也さんは)すごく大先輩なので、私が相手役でいいのかなとかすごく迷いもあったんですけど、どんな時も励まして下さりますし、励ますだけでは無くて、優しくしかって下さったり・・・。感謝伝えてもいいですか? 仕事をさして頂く姿勢とか考え方とか、エンターテイナーとして、そして人として大切にすべき事を演技の時も温かく教えて下さったので、本当に頂いた記憶と時間は本当に一生大切にします。本当にありがとうございました。」と、亀梨和也さんに感謝の気持ちを伝えていた。

また、本作のキャンペーンでいろいろな所に行き、亀梨和也さんは「本当にどの会場に行かせて頂いても本当に皆さんが温かく迎え入れて下さっていて、また北海道に監督と行かせて頂いたんですけど、今回のこの映画がオール北海道ロケという事でやらさせて頂いて、僕たちもすごくこの作品を通じて、非常に思い出の深い土地になって、僕らの発するワードですごくリアクションして下さったりしたのは嬉しいなと思いましたし、僕らがロケで使わせて頂いた場所が、皆さんにとって1つ、行ってみたいなと思って貰える、この映画から派生するもう1つの楽しみになってくれたら嬉しいなと感じました。」

土屋太鳳さんは「函館は夜景がすごく有名なんですけど、ナイトシーンが多くて(撮影の)最後の方まで函館の夜景を見に行く事が出来なかったんです。でもクランクアップの何日か前に、功太君が『今だ行こう!』と言って下さって、本当にスタッフさん方と、すごく見に行けたのが良かったなと思います。」と思い出を語っていた。

また、亀梨和也さんとの共演について高杉真宙さんは「僕、一番最初のシーンで滅茶苦茶緊張してて、何度も失敗した時があったんですよ。その時に亀梨さんが“大丈夫、気にしなくていいよ”と言ってくれたのがすごく嬉しくて・・・。」と、亀梨和也さんの優しさに感謝していた。

玉城ティナさんは「函館に私も2週間ほど滞在させてもらったんですけど、オフの日も街にいろいろ散歩に出たり、その地域と触れ合う事が出来て、その雰囲気みたいなのがこの映画にたくさん詰まってるので、そこにも是非注目していただけたら・・・。」と注目ポイントをアピール。

最後に土屋太鳳さんは「本編の中では私はお嫁に行く娘を演じているんですけど、今日は大切な大切な娘をお嫁に出す母の気持ちです。『PとJK』という映画は本当にたくさんの方々の愛情によって育ちました。どうか末永く愛して下さい。」

亀梨和也さんは「昨年の夏にスタッフの皆さんとキャストのみんなで本当にたくさんの愛情を注ぎこんで作らせて頂きました。3月25日から皆さんの手元に渡せる日が無事に来た事を本当に感謝してますし、これだけたくさんの人たちが初日からお越し下さった事も本当に嬉しく思います。さらに『PとJK』という作品が育って行く事を願っておりますし、たくさんの方たちとこの『PとJK』という作品を通じて、いろいろなものを共有出来たらいいなという風に思っております。監督が登場する1人1人それぞれのキャラクターに本当に愛情を注いで下さっていて、恋愛映画ではあるんだけれど、それぞれのキャラクターの成長物語でもあるんだなと、改めて人を思う大切な気持ちというものを皆さんに感じて貰えるんじゃないかなと思ってます。なので、様々な角度でこの作品がより愛されていく事を願ってますので、皆さんも是非是非優しく僕たちの可愛い『PとJK』を包んであげて下さい。よろしくお願いします。」と話していた。

映画『PとJK』は大ヒット公開中!

映画『PとJK』初日舞台挨拶より ©2017 「PとJK」製作委員会 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より 映画『PとJK』初日舞台挨拶より

映画『PとJK』公式サイト:http://ptojk.jp
映画『PとJK』公式twitter:https://twitter.com/ptojk_movie

©2017 「PとJK」製作委員会

スポンサーリンク

フォローする

映画『PとJK』初日舞台挨拶で土屋太鳳と高杉真宙が亀梨和也に感謝の気持ちを伝える
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク