でんぱ組.inc 藤咲彩音 1stアートブックで眠っているセクシーショットを初出し

3月19日、でんぱ組.incアートブックコレクション③ 藤咲彩音「あやねいろ」(小学館)の発売記念イベントがHMV&BOOKS TOKYOにて行われた。

本作は人気アイドルグループ でんぱ組.incの最年少メンバー、“ピンキー”の愛称で呼ばれている藤咲彩音さんを写真家の浅田政志氏が撮りおろし、ピンキーの奥底にある心象表現を写真と言葉で表現した1冊。

撮影は昨年の11月に地元・埼玉で行われ、藤咲彩音さんは「今回のテーマは自分とはまず何だろうという所から始まり、自分とは何なのかを見つめなおす旅がテーマです。」と紹介。

写真家の浅田政志氏は「コスプレとか七変化とかいつも元気なイメージがあったと思うんですけど、今回は如何にありのままのピンキーさんを出せるかというのが僕の中のテーマでして、地元の自然の中でカメラをそこまで意識せず、自然に撮る事はある意味難しかったんですけど、それにお互いにチャレンジして、本当の自分とは何なのかというのをお互い探しながら写真を撮って行きました。」とコメント。

お気に入りのカットについて「自分の素の表情というのを実はあんまりしたことが無くて、いつもちょっと笑ってしまって、不意の顔を撮られる事もなくて、自分も(素の表情の写真を)選ばなかったので、ここまで自然に素の表情がすごく出てるかなと思います。一番素なんじゃないかなと思います。」と話すと、完成したアートブックを見て「完成が発売当日で、見たら自分が思っていたものと重なる部分があったし、こういう風にデザインされるんだとか、驚きながらも自分ぽいなと思って、私の事をすごく考えてくれて構成されてるのかなと思うとすごく嬉しかったです。」と、小学館の編集スタッフに感謝していた。

また、寝ている姿のカットも有る事について「あんまりこういうショットは撮った事が無くて、あんまり眉毛を見せたくないと思っていて、大丈夫かなと思っていたんですけど、こういうのも有りかなと思って、恥ずかしいですけど・・・。」と語ると、浅田政志氏は「ちょっとセクシーカットと言いますか、ほぼ今まで無かったので、この本で初出しです。」と見どころを語っていた。

ちなみにでんぱ組.incアートブックコレクションは藤咲彩音が第3弾となり、前には最上もがさんと古川未鈴さんのアートブックがリリースされており、「意識しましたね。これを出すにあたってすごく不安で、もがちゃんと未鈴ちゃんはすごくキメキメに作られていたので、こんなに自分、素でいいのかなというのがあったんですけど、でも、撮ってみて、素もすごく大変だし、完璧に作りあげるのもすごく大変だから、私はこれでいいのかなと思いました。」と、自分らしさが詰まったアートブックに満足。

もし、次の作品があるとしたら「チェキの自撮りがしたい。」とチェキの写真だけで構成された写真集のプランを語っていた。

でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音(左)・浅田政志(右) でんぱ組.inc 藤咲彩音 でんぱ組.inc 藤咲彩音

藤咲彩音 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ayane-pinky/

藤咲彩音 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/pinky_neko

スポンサーリンク

フォローする

でんぱ組.inc 藤咲彩音 1stアートブックで眠っているセクシーショットを初出し
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク