元宝塚男役トップスター 龍真咲 王子をイメージした衣装でファンの前に登場!

1月23日、元宝塚男役トップスター龍真咲さんのスペシャルイベント 越路吹雪トリビュート・アルバム『越路吹雪に捧ぐ』発売記念イベントが銀座山野楽器で行われた。

越路吹雪さんを追悼するアルバムは今回が3作目となっており、龍真咲さんが歌う「雪が降る」「愛の賛歌」が収録されている。

退団公演で歌った『愛の賛歌』が収録されている事について龍真咲さんは「改めて越路さんの歴史であったり、宝塚の歴史という物を私も共に歩むことができているんだなという思いがとても大きく募って、今までは当たり前のようにその曲を歌ったり、その曲を聴いたりという風な感じだったんですけど、やっぱりそれぞれにルーツがあるんだなという事をとても重く、そして感動したので、これからもいろんな世代の方に幅広く語り継いで頂けるように、その一人になれたかなという思いで参加させて頂きました。」とコメント。

「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」に出演される直前でレコーディングを行ったそうで「大変なんじゃないかなと自分の迷いであったり、ジャンルも違いましたしずっとどういう風にやってたらいいのかなというのはちょっと悩んでいたんですけど、でもやっぱりそんなことより、スタジオに行って生のオケの演奏を聴いて、それに乗せて歌ってというのをしてたら、そんなこと全然忘れちゃって楽しんじゃったので、でも、そういう1つずつのカンパニーがこれからもたくさん出会って行けるのかなと思ったら、逆に(宝塚を)卒業してからの人生というものが楽しみにもなれたので、積極的にこれからも参加したいなというのはすごく思いました。」と語る。

越路吹雪さんはミュージカルと歌、2本の道を歩まれたが、龍真咲さんはこれからどんな活動をされて行くのか問われると「これだけという風に言葉に出して行っちゃったら、固まってしまっちゃうんじゃないかなという所があるので、それはやはり宝塚時代の時から思ってたことで、やはりこの人がどういう人であったり、どうなのかというのは、観て下さった皆様であったり、私以外の方々がジャッジして頂けるんじゃないかなと思うので、そこは任せつつも、やはり大好きな歌であったり、ファッションの方にも興味があるので、そういう幅広いジャンルのある事務所に入ったので、頼りつつもいろいろ、また新しい宝塚の卒業生としての道をアピールして行くことができたらなと思います。」と話していた。

また、今後も男役をやって行くのか問われると「すごくそこが難しくて、16年男役をしていたから、男役は自分の中で沁みついていて、いい意味でできちゃう。勝手に。やはりこれからはミュージカルに出てみたいし、歌も歌って行きたいので、女優として男を演じるのではなくて、女性を演じて行く方が今はやりたいジャンルの方向性ではありますし、気持ちとしては男役はこれでもう封印しようと思って演じて来たので、(ガラ・コンサートでは)思う存分弾けました。」と、女性を演じる方向になるようだ。

龍真咲さんは4月にはディナーショーが開催されるのだが、その内容について問われると「『MUSE(ミューズ)』という題名のディナーショーにしたんですけど、女神という1つだけの意味じゃなくて、調べてみたら芸術というものにインスピレーションを与えるということとか、1人1人の生きて生活して、私たち自身であっても、ファンの皆さまであっても、生きるということに煌めきであったり、そういうものの1つのワンポイントであったり、アクセントになれる人でいたいなという思いの意味もあります。内容はまだ言えないんですけど、私の得意ジャンルである面白系な場面では貝とかパールとかが出て来るんじゃないかなと、宝塚の動物シリーズを彷彿させる、お楽しみ頂けるものを作って行くことができたらなと思います。」と、ちょっとだけヒントを明かしていた。

ちなみにこの日着ていた衣装について「“王子”です。どちらともとれる中性的な、今回アルバムに参加させて頂いたのも、(宝塚を)卒業したら、女にならなきゃいけないとか、もう男役じゃないんだという、いい意味で型から外れれるというのと、そうじゃない所があって、自分はどこの位置にいたらいいのかなと、ちょっと迷った時期も有ったんですけど、でも今回はハツラツとしていたり、ちょっとノストラジックであったりというものに参加させて頂きましたので、ちょっとある意味中性的な感じで来て、ファンの皆さまの反応はどうかなと、楽しみな所でも有ります。」と語っていた。

龍真咲 龍真咲 龍真咲 龍真咲
撮影:高樹涼子

スポンサーリンク

■商品情報

越路吹雪トリビュート・アルバム『越路吹雪に捧ぐ』

2016年12月21日発売  品番:UPCY-7215  2 CD + 1 DVD=3枚組 価格:8,500円(税抜)
発売元:ユニバーサル ミュージック合同会社

・越路吹雪の代表曲、名曲や幻の曲の数々を、宝塚歌劇団100年の歴史を彩った各組のスター達によって、それぞれの色彩で歌い継いでゆく3枚組メモリアル・ディスク。
・CD2枚組に収録される全約41曲の内、28曲が本作のための録り下ろし。
・DVDにはレコーディング・ドキュメンタリー映像や、龍 真咲「愛の讃歌」のプロモーション映像を収録。

<新録音アーティスト/収録曲>

安奈 淳 「ラストダンスは私に」
麻実れい 「眠れぬ夜の長恨歌(朗読)」
寿ひずる「夢の中に君がいる」
剣 幸「愛の讃歌」
杜けあき「枯葉」
安寿ミラ 「愛の幕切れ」「洒落にしましょう」
涼風真世「筏流し」
久世星佳「パダム・パダム」
「美しさよ、さようなら」(朗読)
稔 幸「ビギン・ザ・ビギン」
真琴つばさ「ジジ・ラモローゾ」「人生は過ぎゆく」
姿月あさと「シャンソン」
湖月わたる「ろくでなし」「ブギウギ巴里」
春野寿美礼「ジュテムレ」「群衆」
貴城けい「セ・シ・ボン」「君を待つ」
水 夏希「水に流して」「家へ帰るのが怖い」
壮 一帆「イカルスの星」「恋ごころ」
凰稀かなめ「サン・トワ・マミー」「パリ野郎」
龍 真咲 「雪が降る」「愛の讃歌」

<その他収録曲>
深緑夏代「巴里の夜」「悲しみよこんにちは」
朝丘雪路「アイ・ラヴ・パリ」
麻実れい「明日は月の上で」「バラ色の人生」
大浦みずき「ケサラ」「群衆」
杜けあき「誰もいない海」
一路真輝「ラストダンスは私に」「アマリア」
稔 幸「メランコリー」
姿月あさと「そして今は」
越路吹雪「愛の讃歌」

【計41曲、うち新録音28曲収録】

龍 真咲 公式HP
http://www.ryumasaki-scp.com

スポンサーリンク

フォローする

元宝塚男役トップスター 龍真咲 王子をイメージした衣装でファンの前に登場!
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク