木南晴夏 映画『幸福のアリバイ~Picture~』でカメラマン役! 写真を撮る時のこだわりは?

11月18日、陣内孝則監督作品 映画『幸福のアリバイ~Picture~』(配給:東映)がいよいよ公開される。

本作は5つのエピソードで構成されるオムニバス作品。全ての人に訪れる“人生の節目”をテーマにした笑って泣ける感動のヒューマンコメディ。

日刊エンタメクリップ 取材班は本作の「見合い」篇「結婚」篇に出演している女優の木南晴夏さんを直撃した。

木南晴夏

■どんな役柄を演じましたか?

木南晴夏:スタジオ勤務で結婚式場にも出張して行くカメラマンの役です。山崎樹範さんと結婚・交際をしていて同棲中という役です。

■陣内孝則監督の印象はいかがでしたか?

木南晴夏:陣内さんとは役者として共演した事が無く、今回初めてお会いしました。一番最初に会った時には緊張して、役者の方が監督をされる作品に出演した事が無くてどういう感じなんだろうという気持ちでした。とてもパワフルな方で今回撮影の前にリハーサルを設けて頂いてから撮影に臨みました。陣内さんは優しいですし、声もはっきり・大きい、パブリックイメージと全く同じで安心しました。

■撮影現場はいかがでしたか?

木南晴夏:見合い篇は、山崎樹範さんとの完全な2人芝居で、舞台を撮ってるみたいな空気で結構自由にやらせて頂きました。逆に結婚篇はとてもたくさんの出演者がいて、見合い篇と同じ役なんですけど、結婚式場や外でのシーンも有り全然違う感じなんだけど全く違う作品を撮っている感覚でした。

■陣内孝則監督から演技指導は有りましたか?

木南晴夏:結構声を低くしてと言われた事を覚えてます。サバサバとして男っぽい役というか、淡々としてクールな役で、お芝居で怒ったりすると声が高くなっちゃうので、“もっと低く”とすごく言われました。

■山崎樹範さんとの共演はいかがでしたか?

木南晴夏:初めて共演しました。脚本を読ませて頂いた時に山崎樹範さんのキャラクターにぴったりな感じのイメージを持っていたので、すごくやりやすかったです。

■印象に残ったシーンは有りますか?

木南晴夏:結婚篇のラストシーンだけは結構こだわりというか、何度も撮り直しをしました。外で大勢集まり、応援するシーンもあって、生バンドでみんなが歌って踊ってという感じが印象に残りました。

木南晴夏

■カメラマンの役ですが普段は写真を撮られるのですか?

木南晴夏:写真を撮るのがすごく好きです。今はフィルムカメラを使っていたりしてます。使い捨てカメラを使っていたら、ドラマの現場の仲良しのスチールカメラマンさんがいっぱい持っていて譲ってもらって楽しんでます。

■写真を撮る時のこだわりは有りますか?

木南晴夏:全然何も無いです。フィルムだけど、ファインダーを覗かずに撮ったりしてます。私はカメラ目線じゃない方が好きなので友達と写真を撮る時も、わざと構えてからしばらく経って、自然な感じになった時に撮ったりしてます。

■親戚から見合い写真が送られて来たら?

木南晴夏:今の所無いです。

■もし送られて来たら?

木南晴夏:検討します(笑)。

■結婚するなら見合い・恋愛どちらがいいですか?

木南晴夏:まだ恋愛という夢を追っていたいですね。

■理想の結婚式は?

木南晴夏:もし結婚式をやるとしたら家族と仲の良い友達だけがいいかなと思います。

■理想のタイプは?

木南晴夏:浮気しない人がいいです。

■最後にファンにメッセージをお願いします

木南晴夏:本当に1本1本全く違う世界観なので、こんなに何も繋がってないオムニバスは珍しく1本1本飽きが来ないと思います。特に葬式篇から始まるので、とってもシュールな映画が始まったなと思いきや、すごい明るく分かりやすい作品もあれば、私たち見合い篇のように短くコンパクトにバカな事しかやってない作品もありますから、全部が全部全然違う色なのでとても楽しんで頂けると思います。

木南晴夏

撮影:坂本康太郎

映画『幸福のアリバイ~Picture~』は11月18日(金) より全国ロードショー

映画『幸福のアリバイ~Picture~』公式サイト
http://www.koufuku-alibi.jp/

©2016「幸福のアリバイ~Picture~」製作委員会

スポンサーリンク

フォローする

木南晴夏 映画『幸福のアリバイ~Picture~』でカメラマン役! 写真を撮る時のこだわりは?
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク