浅草にローファーを履いたJKが舞い降りる!? ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!!』ついに開幕!

3月にオープンした新劇場・浅草九劇にて、レプロエンタテインメント所属の若手女性タレントによる公演、ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!!』が4月7日(金)に幕を開けた。同公演は今回が初演にも関わらず、前売りチケットが即完の注目の公演である。

台本なし、稽古場でメンバー達が即興で作り上げてきた同公演は、”女子高校生”という設定の中だけで、メンバーたちが歌い、踊り、演じる。9nineの村田寛奈、ベイビーレイズJAPANの林愛夏、傳谷英里香、「めざましテレビ」(フジ)”イマドキガール”で注目を集める北村優衣など、総勢15名が『ローファーズハイ!!』の名の下に集結。1つの公演に出演できるメンバーは9名で、様々なメンバーの組み合わせによって、毎回違った印象の作品を楽しむことができる。また、今後もメンバーの追加・入替えを行う予定。

「ローファーを履いた女子高生は無敵!」のキャッチコピーに相応しく、ローファーを履いたメンバー達は、縦横無尽に舞台上を駆け回る。詳細は明らかにされていないが、メンバー達が作詞をしたオリジナル楽曲によるタップパフォーマンス”ローファータップ”や、客席を巻き込んだ即興芝居など、盛りだくさんの内容になっているとのこと。公演を重ねるごとに進化を続ける、彼女たちの一瞬一瞬の輝きを、是非劇場で目撃してほしい。

同作の構成・演出を務めるのは、若手劇団で注目を集める「劇団子供鉅人」の代表・益山貴司。振付を務めるのは、蜷川幸雄などの舞台も務める広崎うらん。音楽監督を務めるのはINA。ビジュアルは、”平成の歌う絵師”として今最も注目されている気鋭のアーティスト・秋赤音によるもの。超豪華クリエイター陣と、若手メンバーたちのフレッシュな感性がどのような化学反応を巻き起こすのか、注目していきたい。

ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!!』は初演が2017年4月7日(金)〜4月16日(日)。以降、浅草九劇にて定期的に公演が行なわれる予定。当日券は、開演1時間前より浅草九劇にて販売される。

ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!! ローファーズハイ!!

スポンサーリンク

『ローファーズハイ!!』概要

ウズマキプロデュース『ローファーズハイ!!』
初回公演:2017年4月7日(金)〜4月16日(日)以降定期的に公演予定
劇場:浅草九劇(東京都台東区浅草2-16-2)
出演者:『ローファーズハイ!!』メンバー
アンジェリカ、大森つばさ、奥田こころ、鎌田彩樺、北村優衣、久間田琳加、佐々木七海、寺本莉緒、福地桃子、南沙良、百音、山﨑果倫、吉原来華
/村田寛奈、林愛夏、傳谷英里香
公式HP:https://asakusa-kokono.com/independent/loafershigh/