GEM、待望の初の全国ツアーが開幕!懐かしい衣装や曲も飛び出し、ファン熱狂!

エイベックスのアイドルグループ”GEM”(ジェム)の、全国ツアー「GEM 1st 全国TOUR~YUMENO TSUBOMI~」が、1月5日開幕した。

今回のツアーは、待望の初めての全国ツアーで、北は北海道から、南は福岡まで、全5都市にて行われる。

ツアー初日は、東京は新宿BLAZEからスタート。

メジャーデビューした2014年に、デビューから9ヶ月の頃に初めてワンマンライブを行った思い出の地からツアーは始まった。

ライブは、GEMが結成されて最初に披露された楽曲である「Speed up」からスタート。

そしてライブの途中には、メンバーがまだ研究生だった頃に歌っていた楽曲「絶対!Love Magic」や「りあるマテリアル」、また先輩であるSUPER☆GiRLSの楽曲「がんばって青春」、「みらくるが止まンないっ!」をその当時来ていた制服姿で披露。

久しぶりな制服姿に、当時から応援していたファンも、初めて見たファンも歓喜した。

ライブ途中、普段はおとなしいメンバー、今年6月に新加入した西田ひらりが、大声で、「お前ら、アホになれるか~!!」とお客を煽るシーンもあり、集まった多くの観客は、その姿に大盛り上がりに。

そして2月15日に発売となる新曲「Sugar Baby」を披露し、観客も一緒に”小悪魔ダンス”を踊り、会場のボルテージは最高潮に。

そして最後に、リーダーの金澤有希は、「この曲は、GEMの下積み時代、メジャーデビューするまで、そしてメジャーデビューしてからの多くの気持ちが詰まった曲になっています。曲の最後には皆で歌えるところもあるので、ツアーを通して、皆で一緒に歌って、育てていきたいなって思います」と話し、ツアーのタイトルにもなっている楽曲である、「夢の蕾」を歌唱し、会場は感動に包まれて本編は幕を閉じた。

すると観客から、アンコールの声が。

そんな中、会場には懐かしい声が流れてきた。

その声の正体は、GEMのメンバーが2013年6月11日、結成した日に行われたインタビューの声だった。

まだ初々しい、武田舞彩を含めた当時の10人の声が会場に流れ、現在、留学中の武田の声が流れると、久しぶりの武田の声に会場には喜びの声もあがる。

なんとこの演出は、メンバーにもサプライズで行われ、メンバーの小栗かこは、思わず涙を流す場面も。

そしてアンコールでは、「Party Up」や、「Can’t Stop Loving」を含めた3曲を披露し、熱狂の中、ツアー初日は幕を下ろした。

今回のツアーは、「十番笑歩」(じゅうばんしょうぶ)をテーマにしており、全公演、セットリストや、演出を変えている。

この日のセットリストは、1部を伊山摩穂、2部は西田ひらりが担当した。

また、この日のライブはメンバーの伊藤千咲美が、前日にインフルエンザにかかり、急遽9人で行われ、「次のライブは、絶対に10人でステージにたちます!」とファンと固く約束した。

次回は、2月11日(土)大阪の心斎橋Music Club JANUSにてツアーは開催される。

GEM GEM GEM GEM GEM

■GEM / Sugar Baby

■GEM オフィシャルウェブサイト
http://girls-entertainment-mixture.jp/

■GEM (iDOL Street)オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/idolstreet-gem/

スポンサーリンク

フォローする

GEM、待望の初の全国ツアーが開幕!懐かしい衣装や曲も飛び出し、ファン熱狂!
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク