山本舞香 映画『桜ノ雨』で初主演! 内気な役に初チャレンジ!

ボーカロイドで火が付き、ミリオンヒットを記録。今や卒業ソングの定番となった神曲「桜ノ雨」。曲を元にした小説も大ベストセラーに。そして、小説を基にした映画版『桜ノ雨』が3月5日(土)に公開される。

日刊エンタメクリップ編集部は、主演の山本舞香さんを直撃した。

山本舞香

■卒業ソングの定番となっている「桜ノ雨」の楽曲を最初に聞いた時の感想を教えて下さい

山本舞香:最初に聞いた時は自分の中学時代とシンクロする部分があり、ホッコリすると思いました。

■映画「桜ノ雨」で未来(みく)役を演じる事が決まった時のエピソードを教えて下さい

山本舞香:台本を読んだ時に内気な女の子の役だったので、初めて演じるタイプの役だなと思いました。ちょっと不安だった部分もあったんですけど、(演じる事を)楽しみだとも思いました。

■未来(みく)役は山本舞香さんと正反対の性格ということですが、どんな心境で演じていたのか教えて下さい

山本舞香:街や電車の中で人間観察をして仕草だったり、声のトーンだったり、目の動きだったりを研究しました。

■映画の撮影の前に合唱の歌唱練習はどのようにされたかエピソードを教えて下さい

山本舞香:約2ヶ月くらい前から別のドラマの撮影の合間を縫って合唱の練習に参加しました。最初は歌う事がすごく恥ずかしかったのですが、練習に行くと合唱の先生が熱心に指導してくださったおかげでしっかりと歌えるようになりました。

■実際に合唱をしてみていかがでしたか?

山本舞香:自分の声が他のキャストの声と一緒になると改めて合唱は“いいな”と思いました。

■ロケ地である沼津での思い出を教えて下さい

山本舞香:1日中、朝から夜まで約2週間撮影してました。早く撮影が終わった日に監督やキャストの皆さんとごはんを食べに行った事が思い出です。

山本舞香

■久松郁実さんとの思い出を教えて下さい

山本舞香:ウサギのカチューシャを付けて写真や動画を撮りました。とても楽しかったです。

■田畑智子さんとの思い出を教えて下さい

山本舞香:コンクールのシーンの時に、指揮をしている田畑さんが私の方を見て、ニコッと笑ってくださって。それを見たらすごい涙が出てきてしまって。そのシーンは本当に良かったと思いました。

■「桜ノ雨」は再会を約束する歌ですが、山本舞香さんは再会したい人はいますか?

山本舞香:お世話になった小学校と中学校の時の担任の先生に再会したいです。

■映画「桜ノ雨」を特に観て欲しい人は誰ですか?

山本舞香:この作品を観て同世代の方たちには卒業式に“桜ノ雨”を歌いたいなと思っていただけたら嬉しいし、大人の世代の方にも、学生時代にこういう事あったなぁと思い出していただきたいです。

山本舞香

■「桜ノ雨」の歌を合唱するポイントを教えて下さい

山本舞香:言葉を言うみたいに1つ1つの歌詞を大切に歌って欲しいなと思います。

■セーラー服を着た感想を教えてください

山本舞香:中学の時がセーラー服だったので懐かしいなと思いました。

■2016年にチャレンジしたいことを教えて下さい

山本舞香:頂いたお仕事は全力で悔いの無いように楽しんでやりたいです。

■今後どんな役をやってみたいですか?

山本舞香:明るい役やアクションをやりたいです。

■プライベートでやってみたいことは?

山本舞香:洋画・邦画を問わず、映画を観て勉強したい。

■最後にファンへメッセージをお願いします

山本舞香:“桜ノ雨”たくさんの学校で歌っていただきたいです。内気な性格の役は初めてなのでそちらも楽しみにしていただけたらなと思います。

山本舞香

注目度急上昇中の若手女優 山本舞香さんの活躍に注目です。

映画『桜ノ雨』は3月5日(土)全国ロードショー!


映画『桜ノ雨』

<ストーリー>
小さな町の海辺にある、決して強豪校とは言えない音浜高校の合唱部。内気で何の取り柄もない高校2年の未来(みく)は、歌うこと、そして部長のハル先輩が大好きだけれど、この気持ちを“恋”と呼ぶかはまだ分からない。そんなある日、鬼顧問・芽依子先生の退職が決まり、先生最後の合唱コンクールで金賞を目指すことに。ハルが作った合唱曲「桜ノ雨」を歌いたいと思っていた部員たちは、芽依子が用意した高度な曲のハードな練習を前にバラバラになっていってしまう…。同じ頃、未来は親友の友梨からハルへの想いを打ち明けられ、そのハルも自身の将来に向けてある決意を抱いていた。早すぎる周囲の変化に、どこか取り残されてしまったような不安でいっぱいになる未来。練習を積み重ね、何とか形にはなった歌唱曲だが、部員たちが自信を持って歌える仕上がりには程遠い状態のままコンクールの日が迫る。しかし、未来の「大好きなみんなと、大好きな曲を歌いたい!」というひたむきな想いが、少しずつ部員たちの心を動かし、ついに合唱部に大きな決断の時がやって来る――。

出演:山本舞香 浅香航大 / 広田亮平 久松郁実 / 三浦透子 井上由貴 中村大樹 きそひろこ / 田畑智子 奥貫 薫
原作・原案:halyosy  製作総指揮:吉田尚剛  脚本:小林弘利  監督:ウエダアツシ
製作:『桜ノ雨』製作委員会  制作プロダクション:デジタル・フロンティア  企画・配給:AMGエンタテインメント

公式サイト:http://sakuranoame-movie.com/

<劇中場面写真集>

映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会

映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会 映画『桜ノ雨』より (C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会
(C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会

スポンサーリンク

フォローする

山本舞香 映画『桜ノ雨』で初主演! 内気な役に初チャレンジ!
この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク